CSRマネジメント体制

コーポレート・ガバナンス

当社は、経営信条「三益一如」のもと、社会からの信頼をより強固なものにするとともに、すべてのステークホルダーの期待に応えるため、企業価値、株主価値のさらなる向上を目指しています。

これらの実現のためには、すべての事業活動を自ら監視し、統制する仕組みであるコーポレート・ガバナンスの確立が最も重要な経営課題であると認識しています。

コーポレート・ガバナンス体制図

コンプライアンス

CSR活動の基礎となるコンプライアンス(法令遵守)について、さまざまな取り組みを実践しています。

「行動指針」小冊子

行動指針の浸透
10の基本原則と55の具体的指針をまとめた行動指針を定め、従業員一人ひとりへの浸透を図っています。また、日常レベルでの定着のために各職場にコンプライアンス推進責任者、推進リーダーを置き、従業員のサポートを行っています。
そのほか、総務本部法務部によるコンプライアンス教育や、「独占禁止法および下請法」「契約の基礎」など業務に関連するテーマの法務教育も実施しています。
企業倫理ホットライン
行動指針に反する行為や法令違反などに直面した場合、上司または上位の管理者に相談することを原則としますが、解決が困難であると考える場合は、企業倫理ホットラインを利用し、封書かE-mailにより窓口に通報することを周知しています、また、通報者が不利な取り扱いを受けないよう適切な保護を行っています。

リスクマネジメント

トッパンフォームズでは、リスクマネジメントを利益の源泉の一つと捉え、全社をあげて活動に取り組んでいます。
リスクのカテゴリーに合わせた専門委員会と、組織ごとに活動する組織別リスクマネジメント委員会を設置し、国内法制や国際標準への適合を考慮した予防措置に視点を置いた活動を進めています。
また、経営危機発生時には、本社に緊急事態対策本部を設置し、現地緊急事態対策本部と事案の早期解決を図る体制を構築しています。

事業継続

災害時、人命の安全を第一に考え地域社会と強調し、可能な限り事業の継続を図るための体制を整え、社会の要請にお応えします。
トッパンフォームズではDPS事業を対象に2006年度から首都圏を中心にBCMS(事業継続マネジメントシステム)の構築を始め、現在では東阪連携でのマネジメント体制を構築しています。
今後もPDCAを回してスパイラルアップを図るほか、対象事業所や対象事業の拡大に取り組んでいきます。

事業継続マネジメントシステム規格(BCMS)認証を取得

事業継続マネジメントシステム(BCMS)の拡大維持審査を受けJIPDEC、UKASによる認定のもと、登録認証を取得

情報セキュリティ

情報を適切に管理することは、お客様からの信頼を確固たるものとすると同時に、弊社の社会的債務であると深く認識し、情報セキュリティの向上に取り組んでいます。

情報セキュリティ基本方針・個人情報保護方針の策定
情報セキュリティ基本方針を定め、グループ全社をあげて情報セキュリティに関する活動に取り組んでいます。また、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護するため、個人情報保護方針を定めて、個人情報の適切な取り扱いに努めています。
情報セキュリティガイドラインの制定
事業部間の情報セキュリティに対する意識や、対策レベルのばらつきをなくし、全社同一のセキュリティレベルを実現するための情報セキュリティガイドラインを策定しています。
ガイドラインの施行により、業界のリーディングカンパニーに相応しいセキュリティ体制を構築していきます。