• HOME
  • CSR活動
  • ダイバーシティ&インテグレーション:基本的な考え方

ダイバーシティ&インテグレーション 基本的な考え方

基本指針

多様性とその相乗効果による成果の最大化

トッパンフォームズは情報を核にした事業領域の拡大とさらなるグローバル市場の開拓のため、変化に対応する力のある組織と人材づくりにより、価値創造型企業への変革を図っています。
この取り組みを進めるにあたって、「ダイバーシティ&インテグレーション」を経営戦略の柱の一つに位置づけております。一人ひとりが持つ多様性を集積し、相乗効果によって成果の最大化を図り、社会に評価される企業として持続的な成長を目指します。
具体的には、女性・外国人・障がい者の積極的採用とキャリア開発、高齢者の活躍推進などに取り組んでいます。また、労使間のコミュニケーションの充実を図りながら「ワーク・ライフ・バランス」を積極的に推進し、働きがいに満ちた環境づくりを実践しています。

ダイバーシティ&インテグレーションの必要性

多様な市場ニーズに対応

従業員満足度の向上

ワーク・ライフ・バランスの必要性

優秀な人材の確保

生産性向上