• HOME
  • CSR活動
  • ダイバーシティ&インテグレーション:イベント・セミナーレポート

ダイバーシティ&インテグレーション イベント・セミナーレポート

「育児中の女性社員を部下に持つ上司向け講座」を実施 日時:2017年11月20日 場所:トッパンフォームズビル

女性のキャリア構築は育児期の働き方やマネジメントに大きく左右されると考え、その上司を対象に「女性が育児期間を経ても成長し、キャリアを形成するために管理職は何をすべきか」を考える講座を開催しました。日本のダイバーシティやワーク・ライフ・バランス研究の第一人者である中央大学大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授をお迎えし、管理職に必要なスキルや部下に期待を示すことの重要性、育児期の部下と上司のコミュニケーション術などについてグループディスカッションやケーススタディーを行いました。受講者からは「働き方やマネジメントを見直す良い機会となった」「部下と今後のキャリアについて改めて確認したい」といった声が上がっていました。

港区イクボスシンポジウムにて、女性リーダーの代表として登壇 日時:2017年11月17日 場所:港区立男女平等参画センターリーブラ

港区は「女性リーダーが本音で語る! ワーク・ライフ・バランスのその先へ」と題したイクボスシンポジウムを開催し、執行役員総務本部長の寺上が女性リーダー代表として登壇しました。これまで当社が取り組んできた人材育成体系と女性活躍推進施策、ダイバーシティ2.0推進施策、さらには現在推進している会社・個人における働き方改革について紹介しました。当社は従業員一人ひとりの「個の力」を高める人材育成により、引き続き多様な人材の活躍推進に取り組んでまいります。

「第2子育児休業復帰者ランチタイムミーティング」を実施 日時:2017年10月27日 場所:トッパンフォームズビル

当社では育児休業から職場復帰した女性社員を対象に復帰半年後のフォローアップ研修を行っています。その一環として今回、第2子の育児休業から職場復帰した女性社員を対象にランチタイムミーティングを開催。「二人以上の子どもの育児をしながらも仕事面において一人ひとりの持つ個性と能力を十分に発揮できる環境とは」をテーマに話し合いました。参加者からは「子育てをしながら働くことについてじっくりと話す機会ができ、励みになったと同時に力強いネットワークができた」という感想が上がりました。今後も子育てしながら働いているがゆえの悩みや解決策を共有できる場を定期的に設けてまいります。

「幹部とのランチタイムミーティング」を実施 日時:2017年10月16日、2017年6月9日 場所:トッパンフォームズビル

当社では従業員と経営幹部との情報交換の場として、ランチタイムミーティングを開催しています。若手社員や次世代リーダー、女性社員などさまざまな従業員と経営幹部がディスカッションを行いコミュニケーションをとり、現場の意見を吸い上げることで、社内の活性化につなげています。また従業員が経営トップから会社のビジョンを直接聞くことでより身近に感じることができ、働きがいやモチベーションの向上にもつながっています。

「育児休業復帰者フォローアップ研修」を実施 日時:2017年10月6日 場所:トッパンフォームズビル

当社では育児休業から職場復帰した女性社員が自己分析をすることで課題を明確にし、キャリアアップにつなげる機会を設けるために、復帰半年後にフォローアップ研修を行っています。5回目の開催となった今回は第1子の育児休業から復帰した女性社員12名が人生の目的とビジョンを明確にした上で、必要な能力と行動、アサーションなどのビジネスコミュニケーションについて学びました。
ランチタイムには管理職として活躍する先輩ママ社員を迎え、復帰後のキャリアの築き方や育児と両立しながらモチベーションを維持する方法などについて、アドバイスをもらいました。

連合東京「2017男女平等セミナー」の事例発表企業として、
当社のダイバーシティの取り組みを紹介 日時:2017年7月11日 場所:田町交通ビル

連合東京主催の「2017男女平等セミナー」に事例発表企業として参加しました。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事の塚越 学氏が「働きやすい職場づくりのために……イクボスのすすめ」と題してご講演され、その後、当社執行役員総務本部長の寺上が女性活躍推進施策やワーク・ライフ・バランス推進、障がい者・高齢者雇用などを中心に、当社のダイバーシティの取り組みについてご紹介しました。
さらに「働きやすい職場づくりのために労働組合としてできること」をテーマとした分科会の一つを担当。女性の活躍には「女性の意識・環境づくり・マネジメント」の三つが確立してこそ実現できるといった考え方や、これまで継続的に行ってきた女性管理職育成プログラムについてご紹介し、有意義な情報交換会となりました。

第10回「汐留なでしこの会」
若手男性社員による「働き方改革を考える会」を開催 日時:2017年7月5日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

近隣企業からなる「汐留なでしこの会」では「働き方改革を考える会」と題して、厚生労働省で働き方改革を推進するご担当者によるご講演に続き、汐留地区各社20~30代の若手男性社員34名でディスカッションを行いました。
ディスカッションでは「理想の働き方を実現するには?」をテーマに「自分自身の働き方」「管理職のマネジメントや評価」「働く環境や制度」の3つの視点で考え、グループごとに発表しました。参加者からは「理想の働き方について考える良いきっかけになった」「これまでの働き方は野球型(延長戦あり)だったが、これからは時間制限のあるサッカー型を目指すべき」「育休を取りたい人が取れないのは問題だが、全ての父親に育休を強制するのではなく、選択できる雰囲気作りが必要」「休みは当然取るべきだが、質の高いアウトプットを出すことが前提」といった前向きな意見が寄せられました。
一人ひとりの意識や行動の変化により会社、日本全体へと拡がるよう「汐留から社会を変える」を合言葉に当会でも引き続き「働き方改革」を推進してまいります。

第9回「汐留なでしこの会」
担当者による 「今後のダイバーシティ戦略立案を考える会」を開催 日時:2017年2月13日 場所:ソフトバンクさま本社ビル

第9回「汐留なでしこの会」は「これからのダイバーシティ戦略立案を企業がどう行うか」をテーマにランチミーティングを開催し、各社の考える「ダイバーシティ」について改めて発表し合いました。また今話題の「働き方改革」についても情報共有を行い、今後の施策を検討しました。
最後にソフトバンクさまの本社ビル内にあるカフェテリアをご案内いただき、従業員が活き活きと働くために必要な福利厚生についても考える時間となりました。

来春復帰の育児休業者を対象に「育児休業復帰前研修」を実施 日時:2017年2月7日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

春に復帰予定の育児休業者11名がお子さんと参加し、復帰後の働き方について考える上司との面談、先輩ママを囲んでの情報交換会、親子ヨガを実施しました。今年から新たに復帰後に利用できる制度や昇格・考課について人事部による説明の場を設け、受講者からは「今後のキャリアを考える上で参考になった。復帰後も頑張りたい。」という意欲的な声がありました。
今後もトッパンフォームズでは、時間的制約があっても仕事と育児を両立しながら活躍できる職場環境を整えて参ります。

第8回「汐留なでしこの会」
各社の取り組みについて情報交換を実施 日時:2016年12月21日 場所:日本通運さま本社ビル

第8回「汐留なでしこの会」としてランチミーティングを開催し、各社のダイバーシティへの取り組みについて情報交換を行いました。中でも多様な人材の活躍推進を目的とした人事制度や、働き方改革施策の一つとしても近年注目を集めている在宅勤務に話題が集中し、熱い議論が交わされました。
その後、会場となった日本通運さまの本社ビル内をご案内いただき、カフェテリアや屋上のお稲荷さま、柔・剣道・相撲場を見学し、大変有意義な会となりました。

管理職へのマネジメント研修
「ダイバーシティ経営と働き方改革」を実施 日時:2016年11月24日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

中央大学大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授を講師に迎え、トッパンフォームズグループの総務部門長を中心とした管理職にマネジメント研修を開催しました。ダイバーシティ経営の基盤としての働き方改革について、企業の人材マネジメントの基本や時間内で生産性を上げていく仕事管理、女性のキャリア促進、介護との両立などについて学びました。
企業の競争基盤の変化に対応していくためにも、グループをあげて「働き方改革」に取り組んでまいります。

働き方の改革を目指した「健康経営推進セミナー」を開催 日時:2016年11月17日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

当社は多様な人材が生き生きと働き続けることができる基盤して、健康経営を推進しています。
このたび健康経営推進の第一人者である岡田邦夫医師(NPO法人健康経営研究会理事長)を講師に迎え、全従業員(管理職は必修)を対象とした「健康経営推進セミナー」を開催しました。労働生産性を向上させ業績と企業価値を上げる基本となるものは「従業員の心身の健康」であること、ワーク・ライフ・バランスの推進は会社主導で行う必須事項であることなどを学びました。

第7回「汐留なでしこの会」
LGBTをテーマにランチミーティングを開催 日時:2016年10月19日 場所:電通さま本社ビル

第7回目となった今回の「汐留なでしこの会」は、各企業や団体に向けてナレッジや具体的ソリューションを提供している電通ダイバーシティ・ラボの室長さまより、「LGBT 多様性で次の扉を開くために」をテーマにお話いただきました。LGBTの基礎知識や多様な性のあり方、企業が取り組むべき支援策などを学んだ後、講師を囲んでランチをしながら企業として求められる対応と課題などについて意見交換を行いました。

「女性営業職&役員 ランチタイムミーティング」を実施 日時:2016年9月28日 場所:トッパンフォームズビル

当社では女性社員が集まり、それぞれの担当業種や最近の取り組みや課題・悩みなどを共有するためのランチタイムミーティングを実施しています。
今回は8名の女性営業職に代表取締役会長の櫻井、取締役の足立、ダイバーシティ推進部長の寺上を交えて開催しました。会社の最前線に立つ女性営業職ならではの活躍ぶりや、自分の強みや課題などの共有がされる他、経営層から直接アドバイスを受ける貴重な機会となりました。
今後も、経験豊富な経営層とのコミュニケーションの場を設けるとともに、今年度から開始した女性営業職を対象とした研修などを通じて、継続的に女性活躍支援を行ってまいります。

「育児休業復帰者フォローアップ研修」を実施 日時:2016年9月5日 場所:トッパンフォームズビル 3F研修室

当社では、女性社員の育児休業取得率と復職率が100%となっており、育児休業取得人数は年々増加しています。今回で4回目を迎える本研修では、今年4月以降に育児休業から復帰した女性社員14名を対象に「仕事と育児を両立させ、輝き続ける方法」について学びました。
5時間にわたる研修では「会社に必要とされる人材になるには?」、「人生を前向きに生きるための方法」、「ビジネスコミュニケーションの手法」などをテーマにグループワークを通じて新たな視点で考え、活発な意見交換が行われました。
先輩ママ社員を迎えたランチタイムミーティングでは、働き続けることの魅力やこれまで壁を乗り越えてきた実体験、仕事と育児の両立に当たって工夫していることなどアドバイスをもらい、受講者にとって有意義な時間となりました。

「第4回ファミリーデー」
ワーク・ライフ・バランスの実現を目指して、汐留本社で開催 日時:2016年8月6日 場所:トッパンフォームズビル

4回目の開催を迎える今回は、「お父さん・お母さんの会社ってどんなところ?」という子どもたちの素朴な疑問に応えるために、小学生のお子さんがいるご家族を対象に企画し、14家族39名の方が参加しました。子供向けの会社説明や今年度リニューアルオープンしたショールームなどをスタンプラリー形式で巡る社内見学に加え、「POSTEXで手紙を出そう!」と題し、当社が開発した圧着はがき「POSTEX」を使ったワークショップを実施。参加者は「POSTEX」の仕組みを学んだ後に、ファミリーデー用にデザインされた二つ折りの用紙にご家族へのメッセージを書き、圧着機ではがき状にする体験をしました。
これからも、従業員のご家族に仕事への理解を深めていただくことで、「ワーク・ライフ・バランスを実現できる職場」を目指していきます。

「汐留なでしこの会」合同イベントを開催 日時:2016年5月27日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

汐留地区における企業同士の情報交換などを通じた女性活躍推進の会として立ち上げた「汐留なでしこの会」。第5回目は汐留地区の企業にお勤めの管理職候補者の女性社員約50名に参加いただき、合同イベントを開催しました。「管理職になりたい? なりたくない?」をテーマにさまざまな意見が交わされ、管理職になるに当たっての課題や解決策などを話し合いました。
ディスカッション後の懇親会では和やかな雰囲気の中、女性同士の会話で盛り上がり、他企業とのネットワークをつくる良い機会となりました。今後も各社の抱える共通課題や現状を共有することで、更なる女性活躍につなげていきたいと考えております。

「第1回障がい者雇用促進・安定就労会議(TFハートフルサミット)」を開催 日時:2016年5月19日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

トッパンフォームズグループの人事・総務部門による「第1回 障がい者雇用促進・安定就労会議(TFハートフルサミット)」を開催しました。会議に先立ち、事前にファミリ ー各社の現状を分析し、課題の洗い出しを行いました。
当日は、1社だけで解決できなかった課題についてグループ各社からのアドバイスや議論が交わされ、解決方法へのヒントにつながる情報交換が行われました。最後に、障がい者の長期安定就労を実現させるため、社内の人材や就労環境、バリアフリー設備などのリソースの活用促進、業務フローの点検など、グループ一丸となって取り組んでいくことを確認し、閉会いたしました。

「女性活躍推進法 行動計画策定事例セミナー」にて、当社の取り組みを紹介 日時:2016年3月2日 場所:経団連会館

東京経営者協会主催の「女性活躍推進法 行動計画策定事例セミナー」にて、事例発表企業として、女性活躍推進法に向けた当社の取り組みを紹介しました。
常用労働者301人以上の企業は、2016年4月1日までに女性活躍推進のための「一般事業主行動計画」を策定・公表、届け出を行い、自社の女性活躍に関する情報を公表することが義務化されました。どのように準備すべきか各社対応に迫られている中、ダイバーシティ推進部長の佐々木が、女性活躍についての状況把握、課題分析、実際に届け出た行動計画など、当社の取り組みを発表しました。

第3回「汐留なでしこの会」
ワーキングマザーのランチミーティングを開催 日時:2016年1月29日 場所:富士通株式会社さま 汐留本社

汐留地区の女性の会として発足した「汐留なでしこの会」。第1・2回の女性管理職に続き、第3回は小学校入学前後のお子さんを持つワーキングマザーを対象に、「小1の壁」をテーマとしたランチミーティングを開催しました。就学前のお子さんをお持ちの方の「入学にあたっての悩み」に対して、小学生ママが自らの体験をもとにアドバイスを行う形で活発な情報交換を行い、大変有意義な会となりました。

「社外取締役 ルディー和子による講演会」を開催 日時:2015年10月30日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

当社の社外取締役であるルディー和子が、「多様性を必要とする社会で働くこと」をテーマに、自身の経験を交えて講演を行いました。講演は当社社長の櫻井をはじめとする役員や当社社員約200名が聴講しました。ルディー和子は自身の経験で今に役立っていることや、これからの一億総活躍の時代には多様性を生産性の向上に結びつけ、伝統的な男性社会を多様性によって変えていく必要があると講演し、最後に聴講者に向けて「自由で元気な社風を活かして、活躍してほしい」とエールを送りました。

親子で参加「育児休業復帰前研修」を実施 日時:2015年10月28日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

10月28日(水)に親子参加型の「育児休業復帰前研修」を実施。育児休業中の社員とその子供が昨年より多い17組参加しました。研修では、上司との面談、先輩ママ社員を囲んでの情報交換会、親子ヨガを実施しました。参加した社員は、久しぶりの出社で緊張気味でしたが、上司と復帰後の働き方について話すことで不安が軽減され、また先輩ママ社員の仕事と育児の両立の様子が励みになったようです。
実施後のアンケートでは「上司に子供を会わせられたことが良かった」「会社の状況を聞けたので安心した」「復職後の生活をイメージできたので頑張れそう」という声が寄せられました。

「第58回新聞労務講座」にて、女性活躍推進の取り組みを紹介 日時:2015年10月22日 場所:日本プレスセンター

一般社団法人日本新聞協会労務委員会主催の新聞社・通信社の人事・労政担当者向け「第58回新聞労務講座」に、女性活躍推進の事例発表企業として参加しました。 専門家からの「事業所のマイナンバー対応~知っておくべき事と準備の進め方」、「労働基準法改正案/新しい労働時間法制」の講演後、ダイバーシティ推進部長の佐々木が、女性活躍推進に至った経緯や実際に行っている研修などを中心に、当社の取り組みについてご紹介しました。 参加された約100名の方からは、「工場を持つグループ会社での女性活躍は?」「女性の採用や登用を増やしたことによる成果は?」などのご質問をいただきました。

「女性社員を部下に持つ管理職のための研修」を開催 日時:2015年10月15日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

女性社員を部下に持つ管理職を対象に、さまざまなライフイベントを迎える女性社員へのマネジメント方法についての研修を開催しました。中央大学大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授にご講義いただき、140名の管理職が働き方改革と多様な人材育成の必要性について学びました。

「育児休業復帰者フォローアップ研修」を実施 日時:2015年10月7日 場所:トッパンフォームズビル

働きがいのある職場づくりの更なる充実を目的として、今年4月以降に育児休業から復帰した社員を対象に「育児休業者フォローアップ研修」を実施しました。 「輝いて生きるためのヒント ~自分が目指す理想の姿とは~」をテーマに、育児をしながらキャリアアップしていくことの重要性、目標を持ち続けながら成長していくためにすべきことなどについて、グループワークを交えて学びました。職場復帰後の生活リズムが整ってきた頃に、自分自身の働き方を見つめ直し、将来について考えるよい機会となりました。 受講者からは「同じような悩みを持つ他部署のメンバーと知り合うことができてよかった」「抱えていた課題解決の糸口が見つかった」「働き続けようという思いが強くなった」という感想が上がりました。

汐留地区の企業による第1回「汐留なでしこの会」を開催 日時:2015年9月28日 場所:トッパンフォームズビル

汐留地区にあるメーカーの女性の会として「汐留なでしこの会」を発足しました。第1回目は三井化学株式会社さまと富士通株式会社さまにお越しいただき、弊社の女性管理職も合わせて13名でランチミーティングを行いました。 当日は、各社のダイバーシティの取り組みや、女性管理職としていかにキャリアを積んできたのか、また管理職になって良かったことなどをお話しいただき、大いに学びの場となりました。今後も継続して情報交換の場を設け、他企業との交流を通じて女性活躍の推進を図ります。

「第3回ファミリーデー」
働きやすい職場づくりを目指して 中央研究所にて開催 日時:2015年8月20日 場所:トッパンフォームズ中央研究所

第3回ファミリーデーを中央研究所にて開催し、13家族39名の方にご参加いただきました。今回は、社員でも訪問する機会の少ない研究所で、さまざまな設備の見学と開発製品を使ったプログラムを体験していただきました。具体的には弊社のエポック的製品「POSTEX」の製造体験、インクジェットプリンター印刷物の顕微鏡観察、また研究所ならではの科学実験「液体窒素を使った花の冷凍」「人工いくらの製作」などを行いました。 弊社製品のカード製造機で作製した当日限定の入館証や、将来なりたい職業を部署名に入れた名刺、当日のプログラムをまとめた教科書などをお子さまへのお土産としてご用意し、好評をいただきました。研究開発の要である中央研究所での開催は初の試みでしたが、弊社の新製品開発の原点をご覧いただけたと思います。研究に関わる社員も、実際の職場をご家族に見ていただくことで、仕事への理解を得られる良い機会となりました。



「女性活躍推進セミナー」の事例発表企業として、当社の取り組みを紹介 日時:2015年7月3日 場所:アルカディア市ヶ谷

公益財団法人21世紀職業財団主催の「女性活躍推進セミナー」に事例発表企業として参加しました。 法政大学キャリアデザイン学部の武石恵美子教授が女性活躍推進のポイントについてご講演され、その後、当社ダイバーシティ推進部長の佐々木が、女性活躍推進に至った経緯や実際に行っている研修などを中心に、当社の取り組みについてご紹介しました。
参加された約35企業の方からは、「どうしたら女性活躍のための施策を継続できるのか」「女性の管理職が当たり前になる会社風土にするには?」など多くのご質問をいただきました。

働きやすい職場づくりを目指して
「第2回ファミリーデー 大人の参観日」を開催 日時:2015年3月22日 場所:トッパンフォームズビル

昨年夏に引き続き、第2回目のファミリーデーとして「大人の参観日」を開催し、従業員のご家族7組20名の方にご来館いただきました。当日は、当社の事業内容や製品の紹介、本社ビルの見学に続いて、歴史のある当社吹奏楽団の練習風景をご覧いただき、最後にティータイムを設けて社員とご家族でだんらんのひとときを過ごしていただきました。
当社はB to Bを主ビジネスとした企業のため、ご家族も当社について知る機会は多くありません。今後もこのような機会を作り、ご家族に会社と仕事に対する理解を深めていただくことで「働きやすい職場」づくりを目指してまいります。

「育休取得者・時短勤務者を部下に持つ管理職のための研修」を実施 日時:2014年10月28日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

ダイバーシティ&インクルージョンをさらに推進するため、育児休業取得者・時間短縮勤務者が仕事と家庭を両立しながら向上心を持って働くために管理職はどのようなマネジメントが求められるのか、中央大学大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授をお招きしてご講義いただきました。
当日は約70名の管理職が参加し、「部下の意識を高めるために管理職として配慮していること」「時間短縮勤務の部下マネジメントで直面している課題」について活発な意見交換が行われました。またDVDを鑑賞して具体的な事例についてグループで話し合い、ワーク・ライフ・バランス支援が人材活用の基本であることを学びました。

「育児休業復帰前研修」を実施 日時:2014年10月23日 場所:トッパンフォームズビル3階談話室

当社では育児休業取得者が年々多くなり、復帰が近づくにつれ、初めての育児と仕事の両立に不安があるといった声が多く上がっています。そのため、当社では職場復帰に対する不安を軽減して、意欲を持って働いてもらうため、育児休業中の社員を対象に研修を実施しました。
当日は11名が子供と一緒に参加し、上司への近況報告を兼ねた面談、先輩ママ社員を交えた情報交換会を行い、最後に子どもとのスキンシップがリラックス効果をもたらすということから、親子ヨガを体験してもらいました。

育児休業復帰者フォローアップ研修を実施 日時:2014年10月6日 場所:トッパンフォームズビル3階研修室

今年の4月以降に育児休業から復帰した社員を対象に、育児休業復帰後のフォローアップ研修を実施しました。
「輝いて生きるためのヒント ~自分が目指す理想の姿とは~」をテーマに、育児をしながらキャリアアップしていくことの重要性、目標を持ち続けながら成長していく方法について、グループディスカッションを通じて語り合い、最後に先輩ママ社員からアドバイスをもらいました。職場復帰後の生活リズムが整ってきた頃に、現在の働き方、そして今後のキャリアアップについて考えるいい機会となりました。受講者からは「時間的制約があっても自分のモチベーション次第でキャリアアップが可能だと分かった」「先輩ママ社員のように時間短縮勤務でもきちんと成果を出していると言い切れる仕事がしたい」というポジティブな意見が上がりました。

働きやすい職場づくりを目指して
「第1回ファミリーデー」小学生のお子さんがいる従業員のご家族を対象に開催 日時:2014年8月2日 場所:トッパンフォームズビル

創立50周年記念事業、CSR活動の一環で、小学生のお子さんがいる従業員を対象に、お子さんとそのご家族をお招きし、初のファミリーデーを開催。当日は計41名の方にご参加いただきました。
初めて訪れるお父さん・お母さんの会社に、お子さんたちはどきどき・わくわく! クイズを交えた会社紹介、名刺交換体験、スタンプラリー形式の社内見学の後、マージナルパンチ(連続用紙の紙端)を使った「まきまきタワー」づくりを体験。当社製品を使って、親子で工作を楽しんでいただき、大盛況の1日となりました。
普段働いている職場の雰囲気を共有したことで、親子のコミュニケーションも広がり、家族のために頑張っているお父さん・お母さんへの理解も深めていただけたのではないでしょうか。

女性営業のための「女性フォーラム」を開催 日時:2014年7月24日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

女性営業は全国で70名と年々人数も増え、ますます活躍が期待されています。「女性フォーラム」では、「女性営業の活躍とキャリアの磨き方」をテーマとした外部講師による講演を行うとともに、トッパンフォームズグループの女性営業によるパネルディスカッションを行いました。メンバーは、シンガポール、香港、上海、日本で営業として活躍する女性4名で、営業職の魅力や苦労、仕事と育児の両立についてなど、自身の体験を基に討論が行われました。 当社社長の櫻井をはじめ、役員、女性営業職とその上司など約150名が出席し、女性営業からは「海外で活躍している方の話を聞いて刺激になった」「女性の強みを仕事に活かしていきたい」という前向きな意見が上がりました。

女性の活躍を推進する「企業担当者の本音トーク」
座談会に、パネリストとして出席 日時:2014年7月16日 場所:KKRホテル東京「孔雀」

東京経営者協会主催による、女性の活躍を推進する上でぶつかる壁や問題などを本音で語る座談会に、当社の女性活躍推進担当、総務部長の寺上がパネリストとして出席しました。
内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダーの渥美由喜氏がコーディネーターとなり、各社が自社の取り組みや課題などを発表。当社の取り組みについては、聴講者から女性管理職育成研修について多くの質問が寄せられ、活発な情報交換が行われました。

介護と仕事の両立支援セミナーを開催 日時:2014年7月2日 場所:トッパンフォームズビル1階ホール

介護問題は年々深刻なテーマとなっておりますが、当社でも介護をしながら仕事を継続していけるのか不安に思う社員の声が増えています。そこで、セントワークス株式会社の大西徳雪氏を講師にお迎えし、突然直面する介護の事前情報収集の必要性、介護保険に関する知識、両立のための工夫、会社の介護関連制度などについてお話いただきました。
当日は、現在介護を行っている従業員や今後のために情報収集しておきたい従業員など、約60名が参加し、従業員同士のグループワークを交えながら、介護についての基礎知識を学びました。