株主・投資家の皆さまへ

デジタルハイブリッドの加速と新たな価値の創造で成長軌道への回帰を期してまいります

トッパン・フォームズ株式会社
代表取締役社長

坂田 甲一

 株主・投資家の皆さまには平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 当社グループは「デジタルハイブリッドのトッパンフォームズ」として、新しい一歩を踏み出します。IoT(モノのインターネット)やFinTech(金融のIT化)、AI(人工知能)に象徴される第四次産業革命とも称される環境変化の中、さまざまな業界でビジネスモデルの変革が進んでいます。このような状況に対応するべく「デジタルハイブリッドの加速と新たな価値の創造により、インフォメーションマネジメント企業として、社会から信頼されるブランドを確立する」という基本方針を定めました。
 「ハイブリッド」とは「異なった要素の組み合わせ」という意味です。当社グループは、「紙」と「電子」の両面からフォームマネジメントを提供できる唯一無二の存在として、この異なる両者の強みを活かすことでお客さまにとっての新たな価値を創造し、個人情報管理を担う企業として広く社会から信頼されるブランドを確立することを目指します。
 そのための戦略として、まず第63 期に基盤の構築に努めてきた「EFMS」の本格的な市場展開を通じて、「デジタルハイブリッド」を推進します。また、事業ポートフォリオの再構築を通じてより成長の可能性が高い分野へと経営資源を集中させると同時に、顧客第一の姿勢を基軸としたソリューションの提供やイノベーションの創造を進めていきます。さらに、環境変化に先駆けた新事業・新サービスの創出・育成にも挑戦し、革新を生み出すことができる企業風土の醸成に努めます。
 当社ならではの強みにさらに磨きをかけ、成長軌道への回帰を期すべく大きく舵を切ってまいりますので、皆さまにおかれましては、引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。