よくある質問

保冷剤メカクールのよくある質問

凍結方法

冷凍庫で凍らない。不良品ではないか?(効果的なメカクールの凍結方法は?)
まず、メカクール容器のキャップ部の色をご確認ください。
キャップの色が緑色(メカクール-18℃タイプ)の場合、凍結させるためには、-23℃以下で24時間以上維持する必要があります。

多くのご家庭でご使用されている冷蔵庫の場合、冷凍室の設定温度を「強」にすることで、凍結が可能となります。なお、常温のメカクールを凍結させる場合、一旦冷蔵室である程度冷やしてから冷凍庫に移し替えて凍結することをお勧めします。
※メカクール同士の間隔をあけるようにしてください。

冷蔵庫の温度切替の詳細については、メーカーによって異なりますので、メーカーにご確認ください。
凍結に要する時間は?
冷凍庫内の状況・性能などによって、凍結時間は変わります。
48時間経過しても凍結しない場合は、冷凍庫自体の保冷性能が、-23℃に達していない場合も考えられます。

保冷性能

温度タイプ「-○○℃」の意味は?
保冷剤の融点を示しています。
例えば、メカクール-18℃タイプの場合は、保冷剤そのものの温度が-18℃前後に保たれることを示しています。
庫内の温度や保冷物の温度を示すものではありませんので、保冷したい温度帯の目安とお考えください。
凍結してから解凍するまでずっと同じ温度で維持できるのか?
メカクール-18℃タイプの場合、冷凍庫から出したときは冷凍庫内の温度になっています。
しばらくするとメカクールの温度が-18℃前後となり、その温度を維持します。
解凍しきるまではその温度前後を維持していますが、全体が解凍すると徐々に周りの温度に近づいて行きます。

温度帯

メカクールの温度帯別の主な用途は?
お客様のニーズ・課題により、メカクールとメカクール専用保冷箱を組み合わせたご提案をいたしますので、一概には申し上げられませんが、主な温度帯の用途は次の通りです。

・メカクール -25℃:冷凍パン生地、アイスクリーム、血漿製剤などの保冷用。
・メカクール -18℃:ほとんどの冷凍食品の保冷用。
・メカクール -5℃:生鮮食品、試薬などの冷蔵品の保冷用。
・メカクール -2℃:検体、試薬品などの保冷、主に夏場用。
・メカクール +5℃:検体、試薬品などの保冷、通年用。
・メカクール +18℃:お弁当、医薬品などの常温輸送。

サイズ

メカクールのサイズは?
メカクール保冷剤・寸法表
ハードケースタイプ -25℃,-18℃,-5℃,-2℃(ハードケース・タイプ)
ハードケース・タイプ寸法表
※スタックリブ(凸起部)を含む「厚み」になります。
ソフトケースタイプ +5℃,+18℃(ソフトケース・タイプ)
ソフトケースタイプ寸法表
※寸法、重量には多少の誤差があります。
オーダーメイドもできます。
ただし、その場合、金型を新たに作成する必要がありますので、金型費用が発生します。
また、金型作成のため、1~2ヶ月の作成期間を要します。

メカクールの温度帯はどうやって判別するのか?

キャップの色で判別
−25℃~−2℃のメカクールについては、キャップの色でわかるようにしています。
温度帯別の色は次の通りです。
・メカクール −25℃:青色
・メカクール −18℃:緑色
・メカクール −10℃:黄色
・メカクール −5℃:橙色
・メカクール −2℃:紫色

耐久性

メカクールの寿命は何年か?あるいは何回まで使えるのか?
製品寿命は使用頻度や環境によって異なります。
メカクールの強度は?
製品出荷時に、製造ロットごとに抜き取りサンプルを1mの高さから落下させ強度確認のテストを行い合格したロットのみを出荷しています。ただし、メカクール容器は強い衝撃に耐える設計にしておりませんので落としたりぶつけたりしないよう、お取扱には十分ご注意ください。

主成分

メカクールは何でできているのか?
主成分は、水、無機塩、防腐剤やパラフィンからなっています。

安全性

誤ってメカクールの中身を食べて(飲んで)しまった。どうすればいい?
少量を口に含んだ場合は、すぐにうがいをしてください。
多量に飲み込んだ場合は、必要に応じて医師の診断を受けてください。
誤ってメカクールの中身が目にはいってしまった。どうすればいい?
直ちに流水で15分以上洗い流して下さい。必要に応じて医師の診断を受けてください。
誤ってメカクールの中身が肌についてしまった。どうすればいい?
直ちに付着部を多量の水で洗い流して下さい。必要に応じて医師の診断を受けてください。
メカクールの液が漏れだして、食品についてしまった。食べても大丈夫か。
メカクールの液剤は食品ではないため、メカクールの液剤が付着した食品を食べないでください。

廃棄方法

メカクールの廃棄方法は?中身を流し台から流しても大丈夫か?
河川や下水に流れこむと環境に影響を及ぼすおそれもありますので中身を流さないでください。
廃棄の際は、栓を無理に外さずに容器ごと廃棄してください。
具体的な廃棄区分は、各自治体にお問い合わせください。

取扱上の留意点

メカクールの取り扱い時に特に留意すべき点は何か?
冷凍庫で完全に凍結させてからご使用ください。
凍結したメカクールを長時間肌に直接付けると凍傷になる恐れがありますのでおやめください。
火元やコンロの近くでの使用は避けてください。
電子レンジ、オーブン等に入れないでください。
本製品は、投げたり落としたりしないでください。
本製品は食べられません。

常温のメカクールをいきなり冷凍庫に入れると、冷凍庫の温度が上昇し、冷凍物が溶けるおそれがあります。また、冷凍庫でメカクールを凍結させる場合、冷凍物の温度が上昇するおそれがありますので、できる限り冷凍庫内の冷凍物から距離を置いてください。

ページの先頭へ戻る

メカクール専用保冷箱のよくある質問

耐久性

メカクール専用保冷箱の寿命はどれくらいか?
メカクール専用保冷箱の製品寿命は使用頻度や扱いによって異なります。

外装

メカクール専用保冷箱外装部の色や素材は自由に選べるのか?
原則、アルミ蒸着タイプ(銀色)かポリエステルタイプ(グレー色)となります。
フラップ部に黄色や青色をつけることも可能です。
他の素材もご用意しておりますので別途ご相談ください。
メカクール専用保冷箱にロゴ等の名入れは可能か?
可能です。詳しい条件はお問い合わせください。

保冷性能

特殊な温度や輸送条件で、保冷が必要だが、メカクールで確実に保冷できるのか?
当社には、外気温、保冷温度などのさまざまな条件での実証実験のデータが蓄積されています。このデータベースに基づき、お客様の提示条件に最適なメカクールとメカクール専用保冷箱の組み合わせをご提案いたします。
お客様の提示条件がデータベースにない場合、新たに実証実験を実施することも可能です。
※別途費用がかかります。
その提案内容で実際の保冷性能も保証してくれるのか?
実験は、一定の条件下においての結果であり、実際は温度や輸送環境も大きく異なる場合もありますので、保証はいたしかねます。実証実験の結果は、あくまで実験での確認でありご参考レベルにしていただきたいと考えています。
実証実験の費用はどれくらいかかるのか?
実験内容・条件、実験回数などによりましては別途実費を請求させていただきます。
詳しくはお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

その他

価格

メカクール保冷剤、メカクール専用保冷箱の価格はどれくらいか?
価格は仕様、数量などにより変わります。詳しくはお問い合わせください。

納期

メカクール保冷剤、メカクール専用保冷箱の納期はだいたい何日か?
時期、仕様、数量によって大きく変わってきますが、概ね20日~60日となります。
詳しくはお問い合わせください。

最低ロット(出荷数量)

メカクール保冷剤、メカクール専用保冷箱の出荷単位はいくつか?

ハードケースタイプ

-25℃,-18℃,-5℃,-2℃(ハードケースタイプ)
500g:30枚/箱、1000g:15枚/箱、2000g:6枚/箱

ソフトケースタイプ

+5℃,+18℃(ソフトケースタイプ)
500g:24枚/箱、1000g:10枚/箱

取引条件

取引にあたって、条件はあるのか?
弊社と取引が初めての場合、売買契約等の締結が必要となる場合もあります。
また、お客様によって支払条件等も異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る