医療・医薬品

GDP基準など世界にも応える厳しい温度管理を確実に

2~8℃で長時間の輸送、GDP基準に対応 ※他の温度帯はご相談ください。

課題1

外気温度にかかわらず2~8℃の温度帯を48時間以上キープ、といった厳しい温度管理が求められる医薬関連の定温輸送。

課題2

特に昨今は欧米を中心にGDP基準に対応することが求められる。

※GDPとは「Good Distribution Practice」の略で、医薬品の流通過程における品質管理基準のことです。
欧米の基準ですが、医薬品のグローバル化の進展に伴い、日本でも対応が検討されています。

課題3

初心者には難しい適温判断、保冷剤の種類選択や配置。

ご提案

ご提案

  • GDP基準をはじめ厳しい温度管理を確実に対応できるのがメカクールです。
  • 初心者でも簡単に温度管理ができます。年間を通じて同じ配置によるシンプルな運用で過冷却、セッティングミスを最小限にします。

温度トレースシステムで一貫した温度履歴管理が可能

課題

GDP基準では「保管・輸送条件が適切であり、製品の温度のトレーサビリティが取れている事」などが要求される。

ご提案

ご提案

  • GDP基準に応える温度トレースシステムで温度をはじめとするトレーサビリティを実現します。

保冷箱は軽量で長時間定温維持が可能

課題

医療・医薬品分野で多く求められる温度帯「-20℃」「2~8℃」「15~25℃」への長時間対応。

ご提案
  • メカクールとメカクール専用保冷箱の組み合わせにより最適な温度帯での輸送を実現します。
  • 軽量で超長時間定温維持が可能なメカクール専用保冷箱がメカクールと相まって効果を発揮します。

ページの先頭へ戻る

用途別対応商品

高機能保冷剤メカクールはメカクール専用保冷箱と一緒にお使いください。

臨床検査向け

配送物
検体
想定温度
-15℃帯 1~15℃帯 15~25℃帯
解決したい課題
温度トレース / 長時間定温維持 / 軽量 / 積載効率

医薬品向け

配送物
医薬品、ワクチン
想定温度
2~8℃帯 17~25℃帯
解決したい課題
温度トレース / 長時間定温維持 / GDP 対応

医療機器向け

配送物
医療機器用、検査試薬
想定温度
検査試薬ごとに合わせた温度
解決したい課題
定温維持