運送

温度管理を徹底、コストも削減

3温度帯輸送を実現し、常温車だけの1便輸送も視野に

課題

常温・冷蔵・冷凍、3つの温度帯別車両輸送による、コスト高。

ご提案
  • 冷蔵車や冷凍車を廃止し常温車だけで輸送することにより、コスト削減を実現できます。


中に仕切り板を設け、2温度帯にも対応可能。

複数拠点への配送時も保冷状態を維持

課題

荷下ろし時のドアの開閉による冷蔵車・冷凍車の庫内温度の上昇。

ご提案
  • 庫内全体を冷やすのではなく、保冷箱ごとに保冷を行いますので、荷下ろし時に冷気が外に逃げることなく、商品への影響を最小限にします。

ページの先頭へ戻る

用途別対応商品

高機能保冷剤メカクールはメカクール専用保冷箱と一緒にお使いください。

宅配(陸送)向け

配送物
冷蔵品、冷凍品
想定温度
-18℃帯 0~10℃帯
解決したい課題
定温維持 / 2温度帯保冷

空輸向け

配送物
医薬品、ワクチン、高級食材
想定温度
薬品・ワクチン:2~8℃帯
食材:0~15℃帯
解決したい課題
温度トレース / 長時間定温維持