ニュースリリース

HF帯リーダーライターから無線で電力供給
バッテリーレスで無線書き換えが可能な電子ペーパーラベルを開発

2010年9月15日

 情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、表示部の厚さ0.4mmを実現した薄型電子ペーパーラベルに改良を加え、バッテリーレスで表示内容の無線書き換えが可能な電子ペーパーラベルを開発いたしました。
 今回開発した製品は、外部のHF帯リーダーライターから無線で表示データと電力を受け取り、書き換えを行います。厚みのあるバッテリーの搭載が不要となるため、通信を制御するコントローラー部の厚さを1.0mm以下に抑えることができるほか、電力残量を気にする必要がないなど、さらに使い勝手が向上いたしました。

製品写真
製品写真

背景

 従来の製品では、無線方式にBluetoothなどを採用し、表示部となる電子ペーパーラベルに、バッテリーや通信モジュールを搭載したコントローラーを取り付けて書き換えの制御を行っていました。そのため、表示部は0.4mmと薄く、紙のような形態を実現していましたが、コントローラー部は15.0mm程度と厚く、導入の際に張り付け対象のコンテナの改造などが必要となることがありました。また、物流・流通業界を中心に製品の紹介やテストマーケティングを行う中で、メンテナンスの手間が少ないバッテリーレス化への期待が非常に高いことが分かりました。
 これらの課題に対応するためトッパンフォームズでは、通信方式にFeliCaなどで利用されているHF帯(13.56MHz)を採用し、表示の書き換えに必要な電力とデータを外部のリーダーライターから無線で受け取ることができる今回の製品の開発にいたりました。

製品の特長

(1)バッテリーレスで無線書き換え!自動ラベラーと同じ感覚でバーコードラベルを簡単書き換え
 表示の書き換えに必要な電力を外部のHF帯リーダーライターから無線で受け取るため、バッテリー交換の必要がなく、従来の自動ラベラーと同じ感覚で簡単にバーコードラベルの表示書き換えができます。
(2)コントローラー部も厚さ1.0mm以下!フレキシブルで振動や衝撃にも強い
 コントローラー部に厚みのあるバッテリーを搭載する必要がないため、厚さ1.0mmをきる薄型化を可能にしました。また、コントローラー部の材質も表示部と同じフィルム基材を使用しているためフレキシブルで、振動や衝撃など、一定の負荷がかかる環境でも安心して使用することができます。

コントローラー部の比較

(3)環境負荷やランニングコストを低減!張り替えミスによるロス発生も防止
 無線通信で表示の書き換えができるため、紙のラベルのように都度張り替える必要がなく、張り付けたままでの運用が可能です。そのため、ラベルそのもののほか、印字に必要なプリンターや、消耗品などの廃棄物が削減され、環境負荷の低減に貢献できます。
 また、張り替えにかかる人件費の削減や、張り替えミスによるロス発生の防止にも効果的です。

今後の展開

 トッパンフォームズは今後、バーコードラベルを利用している物流管理を行っている流通業界や物流業界を中心に本製品の提案を進め、2012年度中に20万枚の販売を目指してまいります。また、10mを超える長距離の通信が可能なUHF帯を利用した製品など、電子ペーパーラベル製品のラインアップ拡充を進めてまいります。
以上

  • ※「Bluetooth」は、米国Bluetooth SIG Inc.の登録商標です。
  • ※「FeliCa」はソニー株式会社の登録商標です。
  • ※「FeliCa」はソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
  • ※本製品は、2010年9月15日(水)から17日(金)に開催される「第12回自動認識総合展」(会場:東京ビッグサイト、主催:社団法人日本自動認識システム協会)のトッパングループブースにて展示いたします。
トッパン・フォームズ株式会社 広報室
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>
お問い合わせフォーム