ニュースリリース

重なったファイル100冊の一括読み取りを実現
書類やファイルの管理に最適なUHF帯ICラベルを開発

2012年4月10日

 情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、書類やファイルの管理用途向けに、重なった状態でも一括して読み取り可能なUHF帯ICラベルを開発しました。
 本製品はICラベルが複数枚重なったときの相互干渉を考慮し、かつ周囲の環境に影響されにくい独自のアンテナ設計により、1~2mm程度の間隔で重ねたファイル100冊の一括読み取りを実現しました。また、貼り付け対象物による影響を受けにくい設計のため、紙製のファイルだけでなく樹脂製のファイルにも対応しているほか、本製品向けに開発したアンテナは8mm×80mmと細型なため、書類に貼り付けても目立ちません。
 本製品はトッパンフォームズのUHF帯ICタグ・ラベルブランド「Latica/ラティカ」シリーズの新ラインアップとして、本日より販売を開始します。

製品写真

本製品の開発の背景

 UHF帯ICタグ・ラベルは複数枚を同時に読み取れることから、大量の資産・物品管理に幅広く活用されています。しかし、薄い書類やファイルなどの管理では近接したICタグ・ラベルが相互に干渉することで、一括で読み取れる枚数が低下したり、読み取りに時間がかかったりしてしまうといった課題がありました。従来の製品ではこの課題を解決できておらず、その対策として一度に読み取る枚数を減らすことや、タグやラベルが重ならないように貼り付けるなど運用面での工夫が必要でした。
 今回、トッパンフォームズはこれら課題を解決するため、これまでに培ってきたアンテナ設計技術により、1~2mm程度の間隔で重なった場合でも容易に一括で読み取り可能なICラベルを開発しました。

本製品の特長

  • (1)重なった状態で瞬時に読み取りが可能
    1~2mm程度の間隔で重なったファイル100冊を5秒程度で一括して読み取ることができるため、大量の書類を短時間で正確に管理することができます。従来のICラベルと比較して、一括での読み取り枚数は約1.5倍に増え、読み取り時間も短縮されました(当社製品比)。
  • (2)紙製ファイルのほか樹脂製ファイルにも対応
    貼り付け対象物による影響を受けにくい設計のため、紙製のファイルだけでなく樹脂製のファイルにも対応可能です。
  • (3)細型サイズで約5mの長距離通信が可能
    幅8mm×長さ80mmの細型アンテナを採用し、単体では約5mの長距離通信が可能です。またICラベルサイズは最小11mm×85mmから貼り付ける場所や印字仕様に合わせてカスタマイズ可能です。
  • (4)新周波数帯にも対応
    本製品は2012年7月に予定されている920MHz帯への周波数移行にも対応した設計です。
  • (5)RFID対応ラベルプリンターでの印字・発行が可能な設計
    熱転写対応用紙を用い、ラベルピッチも一般的なRFID対応ラベルプリンターで発行可能な設計になっています。
  • (6)弊社パッケージソフトウエアとの連携で、短期間かつ低コストでのシステム構築が可能
    トッパンフォームズが提供するICタグを活用した資産管理パッケージ「Easy Checkout for Assets UHF」との連携も可能で、短期間、低コストで管理システムを構築できます。

製品仕様

周波数帯 UHF帯
規格 ISO/IEC 18000-6 Type C準拠
製品サイズ ラベルサイズ:幅11mm×長さ85mm(最小)
アンテナサイズ:幅8mm×長さ80mm
通信距離 約5m ※通信距離は代表的な数値であり、使用する環境や機器により増減します。
価格 約20円/個(10万枚オーダー時)

今後の展開

 トッパンフォームズは、製造業や銀行・金融機関を中心に本製品の提案を進め、2012年度にシステムを含め、5億円の売り上げを目指します。

  • ※「Latica(ラティカ)」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。
  • ※「Easy Checkout/イージーチェックアウト」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

印刷用PDFPDF188KB)

トッパン・フォームズ株式会社 社長室広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>
お問い合わせフォーム