• HOME
  • ニュースリリース:2012年
  • 持続可能な社会実現に向け、環境配慮型商品を拡充 業界初のFSC®森林認証ノーカーボン紙複写伝票の販売を開始

ニュースリリース

持続可能な社会実現に向け、環境配慮型商品を拡充
業界初のFSC®森林認証ノーカーボン紙複写伝票の販売を開始

2012年9月11日

 情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、FSC森林認証紙を使用したノーカーボン紙複写伝票の販売を業界で初めて開始しました。

 FSC森林認証は、森林を適切に管理するための国際的な制度です。紙は強度上の問題から古紙を利用した再生パルプだけで需要を満たすことはできません。森林からとれるバージンパルプはどうしても必要で、その為に適切に森林を管理して持続可能な状態に保つことは環境配慮に重要な意味を持ちます。
 今回、環境へ配慮したFSC認証材を用いることでノーカーボン紙複写伝票の環境対応を実現しました。複写機能を持つノーカーボン紙はその特性上再利用(再生紙原料としての使用)が難しく、ほかの多くの印刷物が環境にやさしい製品として普及するなかで環境対応が遅れていました。このため、ノーカーボン紙複写伝票のユーザー企業の皆様からは、環境対応に対する強い要望がありました。
 FSC森林認証紙の印刷物への適用には森林管理のFM認証*1に加え、加工・流通過程のCoC認証*2という2つの認証管理を経る必要があります。特に上紙、中紙、下紙の3層構造を持つノーカーボン紙複写伝票では、3層すべてでFSC認証紙を使うことが求められます。今回、FSC森林認証を得た原料(紙)を使用したノーカーボン紙の安定供給を三菱製紙から受け、CoC認証を受けた当社で製品化しました。

 トッパンフォームズでは、環境経営への要求が高まる中、当社では一般消費者に向けた環境対応へのアピールが難しい金融機関や生損保業界を中心に、受注活動を強力に推進していく予定です。なお、価格は従来品と同等となります。

補足情報

  • ・ 森林保全、生物多様性保全への関心の高まりから、CSR(企業の社会的責任)レポートや環境報告書でFSC森林認証紙が多く採用されており、カタログやパッケージにも採用する企業が増加しています。
  • ・ 地球環境問題への関心は世界的に高くなっています。当社でもカーボン・オフセット認証ラベル付きのコピー用紙や封筒・はがき、再生紙を使用した圧着はがき「POSTEX-ⅢECO100」など地球環境にやさしい商品の取り扱いを増やしてまいりました。

FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)について

  • ・ 1993年に誕生した会員制の非営利組織(環境NGO、森林所有者、木材取引企業、先住民団体、地域林業組合、林産物認証機関等が設立)、認証審査は独立した第三者機関が実施
  • ・ 本部はドイツのボン、世界約80カ国に会員組織
  • ・ 世界的に最も認知された森林認証制度の1つ
  • ・ FM認証*1、CoC認証*2の2つの認証で成り立っている


以上

  • *1 FM(Forest Management)認証
    環境・社会・経済的に責任ある森林経営がなされているか
  • *2 CoC(Chain of Custody)認証
    FSC認証を受けた森林由来の材料とそれ以外の材料とを区別して管理し、製品から認証材にさかのぼれるか
  • ※ 「POSTEX」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

印刷用PDFPDF178KB)

トッパン・フォームズ株式会社 社長室広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>
お問い合わせフォーム