ニュースリリース

日本カードネットワークとヨドバシカメラが出資し資本増強
サービス基盤強化へ、第三者割当増資を実施
―営業力強化と新規ビジネスモデルの構築を目的として―

2013年5月30日

TFペイメントサービス株式会社

 TFペイメントサービス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 黒羽二朗、以下TFPS)は、トッパン・フォームズ株式会社、株式会社日本カードネットワーク、株式会社ヨドバシカメラの3社を割当先とした、第三者割当増資を実施いたします。TFPSは、NFC*技術を活用したクラウド型決済プラットフォームサービス「Thincacloud/シンカクラウド」を2012年6月より提供しています。「シンカクラウド」は主に店頭での利用を想定する対面決済、インターネット上での利用を想定する非対面決済の2つの決済方式が利用可能です。両決済とも同じシステムで処理するため、煩雑な管理から解放されると同時に販売事業者の電子マネーの売上管理コストが削減できる点が高く評価されています。今回の増資によりサービス基盤の強化・加速を図り、電子マネー決済サービスとして展開済みの「nanaco」と展開準備中の「楽天Edy」に加え、他の電子マネーブランドとの提携を進め、利用者や販売事業者にとってより使いやすいサービスの提供に努めてまいります。

第三者割当増資の内容

  • 1. 募集株式数
    普通株式 3,200株
  • 2. 募集株式の発行金額
    1株につき10万円
  • 3. 払込期日
    平成25年5月31日
  • 4. 割当先および割当を受ける募集株式の数(カッコ内は増資後の保有株式数と比率)
    トッパン・フォームズ株式会社 1,600株(7,600株、82.6%)
    株式会社日本カードネットワーク 800株(800株、8.7%)
    株式会社ヨドバシカメラ 800株(800株、8.7%)
  • 5. 増資後の資本金
    4億6千万円(資本準備金1億6千万円)

以上

  • NFC:Near Field Communicationの略。詳細については参考情報をご覧ください。

参考情報

■NFC(Near Field Communication:ISO/IEC18092、21481)について
全世界で20億個出荷されている「MIFARE」の開発元であるNXP Semiconductorsと、日本やアジアで普及し、4億個出荷されている「FeliCa」の開発元であるソニー株式会社が共同開発した13.56MHz帯の近距離無線通信規格で、2003年12月に国際標準規格(ISO/IEC)で認定されました。
【NFCの基本性能】
  • 1.カードエミュレーション
    「FeliCa」や「MIFARE」などのICカードとして機能します。
  • 2.リーダー・ライターエミュレーション
    「FeliCa」や「MIFARE」などのリーダー・ライターとして機能します。
  • 3.端末間通信
    NFC対応の機器間で、煩雑な機器間の認証操作なしで双方向通信ができます。
    また、認証だけをNFCで行い、それから先をより高速なBluetoothやWi-Fiに通信を引き継ぐことができます。
■TFPSについて
  • 社名
    TFペイメントサービス株式会社
  • 本社所在地
    東京都港区東新橋1-7-3
  • 設立
    2011年12月
  • 代表者
    代表取締役社長 黒羽 二朗
  • 事業内容
    インターネットを利用した情報システムおよび通信ネットワークの企画、設計、開発
    インターネットを利用した商取引、決済処理に関する業務の受託およびその代行
    集金代行業務およびその周辺業務
  • ※「Thincacloud/シンカクラウド」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。
  • ※記載されている製品名などは、各社の登録商標あるいは商標です。

印刷用PDFPDF160KB)

トッパン・フォームズ株式会社 社長室広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>
お問い合わせフォーム