ニュースリリース

トッパンフォームズがベトナムで高速道路用ETCカード受注
日本の「FeliCa」タイプをベトナムに納入

2015年1月13日

 情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、ベトナムのホーチミン市とゾーザイ市を結ぶ高速道路の電子料金収受システム(ETC)用ICカードの製造・発行契約を、現地エンジニアリング会社のティエンフォン技術株式会社(Innovative Technology Development Corporation、本社所在地:ホーチミン市、以下、ITD)と締結しました。
 ICカードは、日本でIC乗車券・電子マネーとして広く普及している「FeliCa」タイプが採用され、約60万枚を納入します。製造については、日本、香港およびタイなどICカード製造の実績やノウハウを活かせる国内外の最適なカード製造拠点で実施する方針です。ETCシステムの運用開始は2017年前半が予定されています。ベトナムでFeliCaを利用したシステムの本格稼動は初めてです。

ベトナムのITD本社で調印が行われた

 納入するICカードが利用されるのは、ベトナムで計画されている南北高速道路の一部で、約55kmの区間です。高速道路の建設やETCシステムの導入は、日本政府による有償資金協力により行われ、ベトナム高速道路公社(Vietnam Expressway Corporation)が発注し、株式会社東芝(以下、東芝)、株式会社日立製作所、伊藤忠商事株式会社の3社によるジョイントベンチャー(以下、JV)が高速道路交通システム(ITS)を受注しました。ITDは、JVとICカードを含むETCシステムに関する機器調達の契約を締結しています。

今後の展開

 ベトナムでは、急速な経済発展を背景に、高速道路整備計画が多数計画されています。トッパンフォームズは、今後もETCシステム用ICカードの提案と導入を通じて、ベトナムの経済発展に貢献していきます。
 また、交通インフラの整備と平行して大型ショッピングモールやコンビニエンスストアを中心に小売・流通店舗の新設も多数計画されており、ポイントカードや電子マネーなどのICカード利用者の増加が予想されます。トッパンフォームズでは、国内外のカード製造拠点との連携を強化し、現地のニーズに合わせた形で製品・サービスの提供を進めていきます。

ティエンフォン技術株式会社(ITD)について

 ITDは、1999年にベトナムの近代化と工業化に貢献する強い志をもったベトナム国立大学ホーチミン市校工科大学の若い卒業生達により設立されました。その後、ファクトリーオートメーション、高度交通管理、ICT、クリーンエネルギーの供給などの分野で統合化されたソリューションを提供する著名な企業グループまでに発展しています。
ITDは、ホーチミン証券取引所に上場しています。
以上

  • ※ 「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
  • ※ 「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
  • ※ その他記載された製品名等は、各社の登録商標あるいは商標です。

印刷用PDFPDF232KB)

トッパン・フォームズ株式会社 広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>
お問い合わせフォーム