ニュースリリース

バーコードの工程管理システムをそのまま活用
低価格のRFIDリーダー・ライター発売

2015年10月16日

 情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、製造の現場で行われている工程管理業務を効率化する「キーボードエミュレーション対応RFIDリーダー・ライター」(以下、本製品)を2015年10月末日より販売開始します。本製品はキーボードエミュレーション機能※1を有しており、キーボードインターフェース機能を持つバーコードリーダー同様にRFID※2の読み取りができるようになります。優れた読取速度と広い読取範囲(本製品の場合、150mm※3)により、データ入力にかかる時間を大幅に短縮します。現在、製造の現場ではバーコードを使った工程管理システムが多数稼働中です。本製品の導入により、そのインフラをそのまま活用して、低コストでグレードアップすることが可能です。
 本製品は、接続方式としてRS-232CとUSBの2機種をラインアップします。RS-232Cは、製造現場で広く利用されているPLC(シーケンサー)などに最適であり、RS-232Cのバーコードリーダーとの置き換えができます。なお、2機種ともに定価は38,000円(税別)です。

キーボードエミュレーション対応RFIDリーダー・ライター
  • ※1 キーボードエミュレーション機能:Windows用の専用ソフトを用いて、読み取ったICタグのデータをキーボードで入力したように上位機器へ伝えることができます。
  • ※2 RFID:Radio Frequency Identification(電波による個体識別)/(13.56MHz帯を利用)
  • ※3 トッパンフォームズ製4576ラベル(製品サイズ49×81 mm、アンテナサイズ45×76 mm、 I-Code SLIX )を用いて測定した値。使用するタグ、測定環境により通信距離は異なります。

背景

 製造の現場では工程(納期)の短縮に大きな関心を持って1秒単位の時間短縮に努めています。バーコードの場合、読み取りに時間がかかるケースやバーコードの印字状態などにより読み取り難いケースもあるため、読み取り率は当社の調査で約95%です。これに対してRFIDでは約99.9%に達します。このため、現場の工程管理においてRFID導入を希望する声が強まっています。しかし、通常のRFIDリーダー・ライターは取得したデータをコマンドベースで上位側へ送信するためバーコードリーダーからの置き換えには上位システムと連携する専用アプリケーション開発が必要です。大きな負担が生じるため置き換えの妨げになっていました。

特長

  • 1. キーボードエミュレーション対応:
    読み取ったデータをキーボードで入力したように上位機器へ伝える
  • 2. 2種類のインターフェース:
    RS-232CまたはUSBの2種類を用意
  • 3. 小型&低価格:
    小型で、バーコードリーダーと同等以下の価格を設定
  • 4. 優れた応答速度と通信範囲:
    バーコードよりも速く、広い範囲での読み取りを実現
  • 5. ISO/IEC 15693準拠:
    I-CodeSLI、I-Code SLIX、Tag-it搭載のRFIDタグに対応

製品仕様

製品仕様

今後の展開

 トッパンフォームズは、自動車、電機、機械をはじめとする製造業向けに販売し、2017年度までに1億円の売上を見込みます。
以上

  • ※ その他製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標です。

印刷用PDFPDF224KB)

トッパン・フォームズ株式会社 広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>
お問い合わせフォーム