事業Business Operations

事業領域

デジタルトランスフォーメーション(DX)による変革の加速、労働力不足や働き方改革を背景とした業務効率化の進展など、社会環境は大きく変化しています。
トッパンフォームズは、長年にわたり培ってきた「情報」を安全かつ適切に取り扱い、最適な形で届けるための「インフォメーションハンドリング」を強みとし、従来の紙を中心とした製品・サービスと最先端のデジタル技術を掛け合わせることにより、企業や社会の課題解決に貢献するソリューションを、「デジタルビジネス」「インフォメーション・プロセス」「プロダクトソリューション」「グローバル」の4つの事業を通じて提供しています。また、ヘルスケア・ライフサイエンス、環境・エネルギーなど、社会課題の解決を起点とした新たな分野のビジネスの創出にも積極的に取り組んでいきます。

  • デジタルビジネス事業

    手続きの共通化、メッセージや帳票の電子配信サービスを基軸に、企業とお客さまの信頼関係構築を支援する「顧客エンゲージメント」、帳票を起点とする業務効率化を支援する「BPM(ビジネスプロセス・マネジメント)」を重点領域として、デジタルソリューション、電子マネー決済やコード決済などに対応するキャッシュレス決済プラットフォームを基盤とするペイメントサービス、認識技術を活用したIoT・カードソリューション、基幹システムの運用管理を中核とするITソリューションの提供により、お客さまのDXを支援します。

  • インフォメーション・プロセス事業

    ビジネスフォームの製造やデータ・プリント・サービス(DPS)の受託などにより培った当社独自のノウハウや、AI、RPAなどの省人化・自動化を主体とするデジタル技術を活用した、ハイセキュリティなアウトソーシングサービスにより、お客さまの業務革新や生産性向上などに貢献します。

  • プロダクトソリューション事業

    働き方改革や情報セキュリティ対策、オフィス環境の防災・安全対策など、お客さまが取り組むべき経営課題に対して、高付加価値な情報機器やオフィスサプライ品の提供はもちろん、最適なソリューションを提供します。その一環として例えば、オンラインで印刷物やオフィス用品などの調達業務や購買管理業務を一元管理できるプラットフォームも提供しています。

  • グローバル事業

    当社の幅広いソリューションをASEANエリア中心に展開。日本から進出するお客さまのみならず、現地企業のパートナーとして、新しいビジネスチャンスと付加価値を創出します。

新規事業・フロンティア

社会環境の変化に先駆けた新しい事業・サービスの創出を通じて、新たな価値や需要の創造を目指します。ヘルスケア・ライフサイエンス、環境・エネルギーなどの分野を中心に、さまざまな社会環境の変化・進展を見据え、次世代の柱となる社会課題解決型の新事業の創出と早期事業化に取り組んでいきます。