情報機器

一体型・本人確認書類裏書印字システム PASiD(パシッド)

本人確認書類の記載業務を効率化。
一台で「ICリーダー」「スキャナー」「プリンター」の3つの機能を持ち、各種証明書カードの本人確認や裏書印字をワンストップで行えるため、窓口業務の効率化を実現します。

特長

  • 一体型システム
    • PASiDは「ICリーダー」「スキャナー」「プリンター」機能を持った一台三役。
      一度カードを差し込むだけで各種証明書カードの本人確認、裏書業務を簡単効率化
    • 省スペースを実現。設置場所が限られる窓口業務に最適です。
    • プリンター一体型のため、カードの挿入向き間違いによる印刷ミスを防止。
  • 連続印字機能
  • 裏面自動認識機能
    • 裏面記入欄の罫線や記入済み文字を自動認識。次の行へ自動的に位置合わせを行います。
  • 入力補助機能

など、その他多くの『便利』な機能を搭載。

  • トッパンフォームズ公式 YouTubeチャンネル
    PASiDのデモンストレーション動画をご覧いただけます。

主な仕様

寸法・重量

幅172mm×奥行472mm×高さ190mm 重量 5kg

定格電源

AC100V 50/60Hz 1.5A

対応OS

Windows 7/8/8.1/10

※株式会社松村エンジニアリング(所在地:東京都台東区、代表取締役:松村レミ)は、高精度偽札鑑別機の開発をしており、偽ドル紙幣「スーパーK、スーパーS」を見破り、他にも多くの偽札判定で実績を持つメーカーです。そのノウハウを活かし、本人確認書類真贋判定装置を開発し、各種証明カードの真贋判定でも実績を残しています。

※PASiD:「PASS(通過する)」と「ID(本人であることを証明するもの)」を組み合わせた造語であり、Print(印刷)、Authenticity(真正な)、Scan(読み込む)の意味が含まれています。

気になる製品・サービスがございましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。