社員紹介

「お客様とよく話し、お客様をよく知る」ことで、価値を提供できる営業になりたい。

営業吉川 翠

  • 入社3年目
  • 経済学部経営学科 卒業

横浜営業所で横浜市内にある幅広い業種の得意先を担当。
得意先や社内の人間関係を大切にしながら、営業活動を行っている。

お客様は十人十色。コミュニケーション力を身に付けたい

私が配属された横浜営業所は営業と内勤スタッフで30名程度が勤務しています。営業所の全員の顔が分かる程よい規模で、とても良い雰囲気の中で私の社会人生活はスタートしました。プレゼンの練習相手をしていただいたり、困っていると声を掛けてくださったり、営業所の皆さんに温かく厳しく育てていただいています。

現在、私は互助会・病院・健診センター・検体検査機関など約30社を担当し、営業車で横浜市内を走り回っています。
申込書や納品書、出荷伝票、領収書、ラベルなど印刷物が主要な受注品なので、帳票類の在庫管理も大事な仕事の1つです。
得意先の数十ある拠点に帳票を納品している場合には、毎週の在庫報告はもちろんのこと、各拠点ごとの使用頻度や納品数を把握して、在庫切れが起きないように製造のタイミングをお客様にご提案します。今は、より効率的な在庫管理の環境をご提供するために電子調達システム「オータスカリ」の導入をご提案中です。

お客様と仲良くなって、何かやりたいことや欲しいものがあったときに、必ず声を掛けていただけるようになることが喜びです。
また、色々なお客様とそのような信頼関係を増やしていくことが営業のやりがいにもつながっています。
ただし、お客様は十人十色で、お客様によって話し方や話す内容などアプローチの仕方を変えていくことが難しく、これから経験を積んで技術を身に付けていきたいと思います。

お客様の課題解決ができる提案型営業が大きな目標

まだまだ営業としては経験が浅く、特に印刷物以外の商材は自分の知識だけでは対応できないことがあります。そんなときは販促や工場などの専門スタッフに相談をして仕事を進めていきますが、最近何をどこの部署に相談をすれば良いかということが分かってきました。
各部署にいる同期のネットワークを活用したり、本社に行ったときにお世話になったスタッフの方に挨拶に行くことで、社内の人間関係も少しずつ育むことができていると感じます。
また、以前はお客様や社内の方に言われるがままに動いていましたが、今ではどちらに対しても納期や、製品の仕様などの「交渉」ができるようになりました。
お客様の業務を理解し、課題を解決できるような提案型営業になることが私の大きな目標です。
今は当社の製品を紹介するのに精一杯でモノ売り型の営業しかできていないため、価格競争になってしまうことが多いのですが、当社の提案が課題解決を導くものであれば、お客様は値段ではなくその製品・サービスに価値を感じてくださると思うからです。
自分でお客様の課題に気づき解決するためには多くの経験やスキルアップが必要ですが、「お客様とよく話し、お客様をよく知る」という、今の私にできることから始めていきたいと思います。

Column

営業から帰ってきて、事務所で飲むミルクココアが私の定番です。
夕方からのもうひと頑張りの力をくれます。