社員紹介

お客さまとの信頼関係を築きながら、業務改善・効率化につながる提案をしていきたい。

営業佐久間 大地

  • 入社3年目
  • 総合政策学部 総合政策学科 卒業

大手運送会社グループを中心に担当とする部署に所属する若手アカウント営業。
主に関東近郊の基幹支店やグループ会社を担当し、伝票や販促ツールなどの提案を行う。

「お客さまよりもお客さまの業務を知る」ことが大事なステップ

大手運送会社グループを中心に担当する部署に所属しています。私はそのなかでも都内や関東近郊の基幹支店、グループ会社を中心に営業活動を行っています。荷物の配送伝票、資材の発注・在庫管理、DMをはじめとする各種販促ツール、社内報の制作など取り扱う商材は多岐にわたります。配送伝票がなければ荷物を運ぶことができませんし、荷物を受け取る生活者も誰から届いた荷物なのか分からず不安になるかもしれません。お客さまの基幹業務に不可欠なツールを提供しているので、常に責任を持って仕事を進めています。

アカウント型の営業は特定業界を担当するため、お客さまよりもお客さまの業務を深く知った上で提案を行う必要があります。業務を理解するには、日々の訪問活動から業界の専門知識やビジネスフローをしっかりと学んでいくことが大切です。

新人の頃の私は見積もり内容を聞くことで精一杯で、製品やサービスの提案までなかなか至りませんでした。自分の売る商材がどのように使われているのか、具体的なイメージが湧かなかったからです。そこでお客さまの倉庫やセンターに何度も足を運びました。実際にどう使用されるかを自分の目で確認し、現場の方に作業の流れを細かくヒアリングすることで業務理解が深まり、自然と各工程の作業を意識した提案ができるようになっていきました。

今後はデジタルやIoTの分野まで提案の幅を広げたい

最近では「現在の運用より良い方法があるかもしれない」と一歩踏み込んだ提案を考えるようになりました。ただ商材を売るのではなく、業務を改善するためにはどうすべきかに意識が変わってきたからだと思います。また3年目になり、お客さまと信頼関係を築くことができていると感じます。「印刷物が必要なときは佐久間さんの顔が浮かぶ」と言っていただけることはとても励みになります。
今後は印刷物だけでなく業務全般についてもご相談いただけるような営業になりたいです。販促ツールの電子化やRFIDを活用した物流管理システムなど、デジタルやIoTの分野で業務改善や効率化に役立てるシーンが多くあると考えています。
そのためにはまず日々の訪問活動を大切にしていきたいです。お客さまが本当に困っていることは、普段の何気ない会話から引き出されることも多いからです。先日も社内文書の管理に苦労しているという話を伺い、定例のお打ち合わせの際に社内文書電子化ソリューションのご紹介をさせていただきました。お客さまの反応は良く、改めて詳細なご説明に伺うことになりました。これも普段から積み重ねている関係性があってこそだと思います。今後もお客さまと良い関係を築きながら、プラスアルファの提案を積極的に行っていきたいです。

Column

営業車に乗って得意先へ訪問します。基幹支店のある群馬や静岡まで車を走らせることもあります。
車内にいる時間が長い時はラジオを聞いてリフレッシュしています。