社員紹介

Webの専門知識と分析力を身に付け、
お客さまの心を動かす提案がしたい。

販売促進鷲ノ上 真実

  • 入社1年目
  • 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 卒業

販売促進としてWeb関連サービスの企画提案と制作進行管理を担当。
営業とお客さま先に同行し、企業サイトやキャンペーンサイトなどの提案を
行っている。

お客さまの要望を反映したものづくりがしたい

紙とWebを融合したソリューションの販売促進を担当する部門に所属しています。トッパンフォームズには請求書の電子配信や各種申込書の電子化、社内文書の電子保存といった多様なソリューションがありますが、私のグループでは企業サイトやキャンペーンサイトを中心としたWebサイトの企画・提案を行っています。

例えば販促施策としてダイレクトメールの配信に加えキャンペーンの特設サイトを作りたいという要望をお持ちのお客さまがいらっしゃれば、営業に同行してお客さまのニーズや課題など詳細なヒアリングを行います。ヒアリングを元に提案資料を作成し、プレゼンを重ね、受注までつなげることが販売促進の役割です。私は配属されて数ヶ月で、実際に営業とお客さま先へ同行し、自分なりに考えた提案資料でプレゼンまで行っています。
もともと理系出身ですが「お客さまの要望を反映したものづくりをしたい」という気持ちが強かったので、お客さまにより近い立場で提案から受注まで携わることができる販売促進の仕事は自分に合っていると感じています。

とはいえまだ分からないことばかりで、先輩社員から日々多くのことを学んでいます。特にOJTの先輩社員からは、お客さまとのコミュニケーションの取り方やプレゼンのテクニックなど、細かな部分までのフォローをしてもらっています。ただ教えてもらうだけではなく「1会議につき1質問以上」をモットーに、まずは自分の考えを持って質問する姿勢を心掛けています。

まずは一人で案件を受注し、頼られる存在になることが目標

現在の目標は2年目までに一人で提案から担当した案件を新規受注することです。先日「企業サイトをリニューアルしたいお客さまがいる」と営業から相談を受け、主担当として初めて一人で提案に伺いました。お客さまが比較的年配の方であったため、プレゼンではWebの専門用語を噛み砕いて説明するなど、相手に合わせた伝え方を意識しました。すぐ受注には至りませんでしたが「前向きに検討してみる」という言葉をいただき、同行した営業にも「勉強になる」と言われ、自信につながりました。
今の私には正確な知識と客観的な分析力が足りていないと感じています。社内やお客さまとの打ち合わせで理解できなかった用語は都度調べ、Webサイトのさまざまな分析方法を学び、より説得力のある提案ができるよう努力しています。またWebは技術の移り変わりが激しい業界ですので、トレンドには常にアンテナを張るようにしています。
今はまだ先輩社員に助けてもらいながら仕事を進めていますが、Webに関することであれば何でも答えられるような専門性を早く身に付け、お客さまの心を動かす提案ができる販売促進として、お客さまや営業から頼られる存在になっていきたいです。

Column

上司が貸してくださったWebの参考書です。最初にこの一冊をマスターしました。
また革製品が好きで集めています。名刺入れは父からの贈り物で、大切に使っています。