社員紹介

既存の領域に固執するのはもったいない、
未経験分野にも目を向けて挑戦していきたい。

営業吉住 大輔

  • 入社2年目
  • 商学部 商学科 卒業

証券会社を担当するアカウント営業の部署に所属。
業界の特徴を考慮した印刷物やデジタルソリューションの提案を行う。

事前の準備とチームワークがお客様との信頼関係につながる

私の所属する部門では銀行や証券など金融業界のお客様を相手に営業活動を行っています。その中で私のグループは証券会社様を担当しており、ユニバーサルデザインを取り入れた帳票の改善提案や、データ・プリント・サービス、社員証など、商材も様々な取り引きがあります。アカウント営業の特徴でもありますが、取り引き規模の大きいお客様も多いため、お客様訪問時には入念にご提案の準備をし、訪問後も必ず議事録を残してチームでお客様の課題を共有します。毎回準備に時間をかけるのは大変ですが、その意識がお客様との信頼関係に結びついていると感じています。

お客様の課題を解決することももちろんやりがいを感じるのですが、私の場合は身近な上司に褒められた際に、自分が認められたと実感できて、また次も頑張ろうと思うことができます。先日も自分から今まで取り引きの無かった会社への飛び込み営業を申し出たところ、快く「頑張ってこい」と言ってもらえたり、帳票の取り引きしかなかったお客様に社員証と関連システムのご提案をし、初めて新規で受注するという経験も積むことができました。自分のやりたいことや新しいことに挑戦させてもらえ、その姿勢や頑張りを認めてもらえる環境に感謝しています。

会社に所属していることでできる挑戦がある

入社当初は先輩や上司と一緒にお客様へ訪問し、お客様の課題や業務の流れも断片的にしか捉えることができず、その場その場で与えられた仕事をこなしている状態でした。そこで、自分なりにToDoリストを作り、先輩から聞いたことも全てメモとしてまとめるよう心がけ、何かあるたびにリストとメモを見返して「今すべきこと」は何か、を考えて業務に取り組むよう工夫しました。2年目になってお客様も1人で担当するようになり、自分なりに仕事の整理ができるようになったことで、落ち着いて丁寧に取り組むことができてきました。お客様の業界を知るために、自分で投資をしてみたり、会社以外でも情報収集するクセもついてきたと実感しています。
まだ経験は浅いですが、だからこそ未経験分野に積極的に挑戦していきたいと思っています。当社は近年RPAやヘルスケア分野など、新事業への進出も行っています。会社として変わろうとしている今だからこそ、既存の領域だけに固執するのはもったいない。積極的に他領域にも目を向けて、自分の知らないことにこそ挑戦していきたいと思っています。また会社という組織に所属しているからこそ挑戦できることもあると思うので、私の目標としては将来海外勤務をしてみたいと考えています。

Column

時計はアップルウォッチを身に付けるようにしています。
株価のチェックなど、移動中のちょっとした時間を有効活用するのに重宝します。