社員紹介

将来は財務の視点から経営判断をサポートしていきたい

管理丁 ジョイン

  • 入社2年目
  • 国際社会科学府 経営学専攻 修了

社内費用の経理処理や付替処理、各部門へ配信する予算簿の作成などを行っている。
様々な部署とコミュニケーションを取りながら日々業務に邁進中。

部署全体で高め合いながら成長を実感できる

私の所属する部署では、入金処理や支払処理など、会社の債権債務処理を中心に行っています。入社直後は、社内部門の経費計上や社内経費システムの窓口対応を担当し、経費申請に関する従業員からの質問に答えたり、他部署と連携して計上資料を作成したりすることで、様々な部署の方とコミュニケーションを取りながら仕事を進めてきました。

私の所属する財務本部では1年ごとに担当業務をローテーションしており、幅広い財務知識を身に付けることができる環境が整っています。2年目になって、社内の各部署の経理処理や各部門へ配信する予算簿の作成などを担当することとなり、できる業務や知識が増えて少しずつですが成長を実感できています。また毎月持ち回りで担当者を決めて財務に関するテーマを設定し、本部全員の前で発表する勉強会も実施しています。私が担当した時のテーマは「不正会計について」でした。さまざまな事例を調査したり、文献を読んだりすることで自分自身の成長に繋がりますし、本部全体でお互いを高めあっていこうとする姿勢に居心地の良さを感じています。
若手社員では会社全体の動きを見ることはなかなか難しいですが、財務本部にいると各部署や会社全体のお金の動きが見えるため、会社はいまどのような状況なのかを把握することができ、自分の担当する業務が与える影響を考えながら日々取り組むことができています。

小さなミスも会社全体へ影響を与える責任のある仕事

新入社員の時、担当部署の売上計上処理をExcelで行っていたところ、行を間違えて入力してしまっていたことがありました。担当部署からの問い合わせで発覚し、上司や先輩の助けもあり最悪の事態にはならなかったのですが、簡単な作業でもひとつのミスが大きな事故や損失になるということを実感しました。それからは慎重に作業を進めるのはもちろん、確認作業を必ず実施し丁寧な仕事を心掛けるようにしています。
私は大学院で会計を専攻しており、事前知識は持っていましたが、実際に仕事をしてみると理解したつもりになっていたことが多々ありました。知識があっても会社の動きはわかりませんが、働いてみて初めて大学で学んだことの真の意味を理解できるようになりました。
今はまだまだ勉強中ですが、将来的には会社の財務諸表の作成や、業績をまとめて社外へ展開する仕事をしていきたいと思っています。トッパンフォームズは常に新しいビジネスを生み出し、チャレンジしようとする姿勢を持っている会社です。会社が新しいビジネスに挑戦する際に財務の視点から判断・サポートができるように、私自身が学ぶ姿勢を忘れずに、会社全体の財務状況を深く理解していきたいです。

Column

出社前や出社後に会社の近くの暗闇サイクリングジムに通っています。
運動不足を解消することもできますし、ストレス発散にもなります。