ダイバーシティ&インテグレーション:
基本的な考え方

基本指針

多様性とその相乗効果による成果の最大化

トッパンフォームズは情報を核にした事業領域の拡大とさらなるグローバル市場の開拓のため、変化に対応する力のある組織と人材づくりにより、価値創造型企業への変革を図ってまいりました。
この取り組みを進めるにあたって、「ダイバーシティ&インテグレーション」を経営戦略の柱の一つに位置付けており、一人ひとりが持つ多様性を集積し、相乗効果によって成果の最大化を図り、社会に評価される企業として持続的な成長を目指しています。
具体的には、女性・外国人・障がい者の積極的採用とキャリア開発、高齢者の活躍推進などに取り組み、また、労使間のコミュニケーションの充実を図りながら「ダイバーシティ経営」と「働き方改革」を積極的に推進し、働きがいに満ちた企業づくりを進めてまいります。

ダイバーシティ&インテグレーションの必要性

  • 多様な市場ニーズに対応
  • 従業員満足度の向上
  • 優秀な人材の確保
  • 生産性向上

ダイバーシティ重点課題・推進体制

ダイバーシティー&インテグレーション

ダイバーシティ推進(女性活躍推進)の3つの軸

当社の考えるダイバーシティ推進および女性活躍推進を3つの軸でご紹介します。
多様な人材の活躍には「個人の意識改革」「環境づくり」「マネジメントの質の向上」の3つを推進することが重要だと考えています。
女性に関しては特に力を入れ、活躍を推進しています。

ダイバーシティ推進(女性活躍推進)の3つの軸

トップメッセージ「女性の活躍推進に向けて」

当社は、「ダイバーシティ&インテグレーション」を経営戦略の柱の一つに位置付け、女性の積極的採用、継続就業のための仕事と育児の両立支援制度の充実、女性管理職候補者の育成、女性のキャリア開発に取り組んでいます。またワークスタイル変革を通じて、働きがいに満ちた環境づくりを実践しています。

その実現のため具体的に、
・生産性向上とワーク・ライフ・バランスの実現に向けた働き方改革の推進
・テレワークなどの柔軟な働き方の推進
・女性活躍のための教育の充実
・多様な人材の育成に向けた管理職の意識改革
に取り組んでいます。

トッパン・フォームズ株式会社 代表取締役社長 坂田甲一