SDGsへの取り組み

トッパンフォームズグループの目指す姿社会に貢献し続けるグッドカンパニー

創立以来、トッパンフォームズグループは「社会益」「会社益」「個人益」の三益から成る「三益一如」を経営信条とし、お客さまの課題解決など、社会に貢献する事業活動を展開しながら、社会、会社と従業員が持続的に成長し続けていくことを目指してきました。
利潤の追求だけではなく、「社会に貢献する」「会社が持続的に発展する」「従業者が自分の幸せを追求する」、この3つの同時実現があってこそ、当社の存在意義がある。
私たちは、この企業姿勢がSDGsの基本理念「誰一人取り残さない」の考え方に通じるものであり、「三益一如の達成を目指す活動そのものがSDGsへの貢献に値する」という考えの下、重点的に取り組む開発目標を決定しました。これからも社会に貢献し続ける企業として、SDGsの達成に資する活動に取り組んでいきます。

経営信条
「三益一如」

トッパンフォームズグループの創業の精神であり、企業活動の根幹。お客さま、取引先、従業員、社会・地域、株主など、当社を取り巻く全てのステークホルダーとともに社会、会社、個人の持続的な成長を目指す。

企業活動の根幹:経営信条「三益一如」 序列をつけることなく三益の同時実現を目指す 【社会益】社会、お客さまの課題解決に貢献する 【会社益】会社の持続的な成長を目指す 【個人益】会社生活を通じた個人の幸せを追求する

戦略
デジタルハイブリッド企業として訴求
「人にやさしいデジタル化」への貢献

紙・電子双方で培った「情報」を伝達するさまざまな技術を用いて、全ての人が必要な情報を確実かつ安全に、望む形で受け取れる環境を構築する。

企業活動 【事業活動 本業を活かした社会課題解決への貢献】・データ&ドキュメント事業 ・ITイノベーション事業 ・ビジネスプロダクト事業 ・グローバル事業 【培ってきた強み】・印刷技術 ・情報処理技術 ・高度な情報セキュリティ体制 ・顧客との信頼関係 【事業活動を支える基盤 企業の社会的責任における重要テーマ】・情報セキュリティ ・人権 ・事業継続 ・健康経営 ・品質 ・働きがい ・コンプライアンス ・社会との協働 ・環境

「三益一如」の達成を目指し
行ってきた活動から、
特にSDGsへの貢献に資すると
考える活動を抽出

トッパンフォームズグループが
重点的に取り組む開発目標

  • 目標3:すべての人に健康と福祉を
  • 目標8:働きがいも経済成長も
  • 目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標12:つくる責任 つかう責任
  • 目標13:気候変動に具体的な対策を
  • 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
テーマ 施策 主な開発目標 共通目標
  1. 1.事業活動でお客さまや社会の課題解決、新たな価値の創造に貢献する
  • 情報処理技術を活かした社会課題解決への貢献
  • 社会的なニーズの高い領域での新たな価値創造
  • 目標8:働きがいも経済成長も
  • 目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標12:つくる責任 つかう責任
  • 目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
  1. 2.環境や社会の持続可能性に配慮する取り組みを拡大する
  • 持続可能性に配慮した研究開発テーマの設定
  • 循環型社会への貢献
  • 気候変動への具体的な対策
  • 目標12:つくる責任 つかう責任
  • 目標13:気候変動に具体的な対策を
  1. 3.「情報」を生業とする企業の責任として、きょうじんな情報インフラの構築を推進する
  • 守りから攻めへ
    よりきょうじんな情報セキュリティ体制の構築
  • 実効性の高い、“機能する”事業継続計画の策定
  • 目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標13:気候変動に具体的な対策を
  1. 4.多様性ある組織づくりで従業員の「幸福」を追求する
  • 健康経営の推進
  • 従業員の働きがいを創出する
  • 目標3:すべての人に健康と福祉を
  • 目標8:働きがいも経済成長も
  1. 5.社会、地域との協働で、「企業市民」としての役割を果たす
  • 得意分野を活かした社会貢献活動
  • 地域社会との協働
  • 人道支援、復興支援活動の拡大
  • 目標3:すべての人に健康と福祉を
  • 目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標12:つくる責任 つかう責任