ニュースリリース

帳票オンデマンドレイアウト技術基盤
「WebDolphin/ウェブドルフィン」を開発
帳票の電子化にワンソースマルチデバイスで対応

2013年5月29日

情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、文字などの印刷用データとレイアウトデータを電子的に一元管理し、通知物などの帳票を閲覧者に合わせて可変レイアウトする技術基盤「WebDolphin/ウェブドルフィン」を開発、サービスを開始しました。ウェブドルフィンはお客様からあらかじめお預かりする取引データと帳票印刷用の版データなどの画像素材をデータベース化し、利用者が閲覧する時点で取引データを版の決められた位置にレイアウト、PDFやイメージを生成するものです。印刷用の版情報と取引データを可変表示できるため、複数のITデバイスでの閲覧が可能となりました。この技術基盤とウェブアプリ技術を統合することで、PCへはPDFで表示し、スマートフォンにはHTMLで表示するなど利用者の端末に応じて最適な表示が可能となり、端末の多様化に柔軟に対応、ご利用者様へのサービス向上にお役立て頂けます。トッパンフォームズは従来より提供していた印刷データのPDF変換サービスと本技術基盤を組み合わせ、お客様の帳票電子化を総合的にサポートする「デジタルメッセージングソリューション(DMS)」を提供していきます。

サービスイメージ

サービスイメージ

開発の背景

IT化・ネットワーク化の進展により、紙の印刷物は電子情報に置き換わるケースが増えています。当社は得意先企業からお預かりした住所・氏名などの顧客情報と通知情報を可変印字するデータ・プリント・サービス(DPS)のリーディングカンパニーとして、多数のビジネスメールを印刷しております。当社は以前から電子化に対応するため印刷イメージをそのままPDFファイルに変換するサービス提供してきました。ウェブドルフィンはこのサービスを進化させ、オンデマンドバリアブルをキーワードに電子と紙のどちらにも応用可能な、印刷会社ならではの競争力あるソリューションとして開発しました。

特長

  1. オンデマンド
    事前に処理した情報だけでなく、更新情報を即時反映した帳票の電子閲覧を可能とします。ウェブらしいスピード感を持ったサービスにより顧客満足度向上に寄与します。
  2. バリアブル
    記入項目が固定レイアウトになっている申込書などの現状の帳票に対し、申込条件に応じた項目のみを記入すれば済むように帳票をバリアブルにレイアウトする新しいトレンドに対応することができます。
  3. インタラクティブ
    ウェブ上で帳票イメージを表示したままデータの修正・新規入力することができます。ウェブ画面からデータを入力し即時に確認用のPDFが生成できるとともに、入力チェックを自動化できますので従来のバックオフィス業務で大きな負担となっていた不備補完作業の大幅な効率化が図れます。
  4. エコロジー
    お客様のペーパーレスによる環境への配慮および経費節減に貢献します。

技術的補足

  1. ウェブドルフィンは「コネクター」「レイアウター」「コンテンツマネージメントシステム(CMS)」の3つのモジュールで構成されます。サービス指向アーキテクチャー(SOA)に基づき、汎用アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)でそれぞれをつなぎ、コントロールできるようにしました。これによりデータを常時お客様システムと連携したり、帳票版データの格納システムをお客様側に設けたりするような場合にも柔軟なシステム提案が可能です。
  2. ウェブ上で自動組版するレイアウトエンジンは、用途に応じて最適なものを選択できるようにし、どのようなレイアウトエンジンでも共通のAPIでレイアウト指示命令を出すことができるようにしました。
  3. 本件技術を実装したクラウドサービス提供基盤を構築、「フレキシビリティー」と「スケーラビリティー」によりお客様のサービス利用ニーズに最適化提案ができるようにしました。

今後の展開

トッパンフォームズでは、2015年度末までにDMS全体で26億円の売上げを目指します。

以上

※WebDolphin = Web Dynamic On-demand Layout Platform for Hyper-Information Service

※「WebDolphin/ウェブドルフィン」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

※「DPS」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

印刷用PDF(197KB)

トッパン・フォームズ株式会社 社長室広報部

本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>