ニュースリリース

連続用紙断裁機中小型4機種をリリース
カラータッチパネル採用で操作性を向上

2014年1月9日

情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、連続用紙断裁機(ディタッチャー)「Potencia/ポテンシア」シリーズをモデルチェンジし、中小型3機種「ポテンシア126/121/78」を2014年1月15日に、新機種の卓上型「ポテンシア31」を3月末にそれぞれ発売します。

ディタッチャーとは、プリンターで印字された連続用紙を断裁処理する事務処理機です。当社は創立当時からディタッチャーを販売し、金融機関や自治体などを中心に累計3万台以上の納入実績があります。ビジネスフォームではカット紙の利用が進んでいますが、高速印字に優位な連続用紙の需要は依然として根強いものがあります。前モデルの発売から6年が経過し、買い替え期に入っているユーザーも多くなっています。そこで、主力機種では操作パネルにカラー液晶タッチパネルを採用して操作性の向上を図りました。

トッパンフォームズでは、事務処理機械の販売・保守を行う子会社のテクノ・トッパン・フォームズ株式会社(東京都日野市)と連携して金融機関や自治体などの支店・営業所に販売し、4機種合計で2014年度に700台の販売、10億円の売上を見込みます。

Potencia126

各機種の特長と仕様

形式

Potencia126

Potencia121

Potencia78

Potencia31

主な特長
  • 用紙セット部、用紙スタッカー部を内蔵した低騒音設計
  • 部屋のコーナーに設置可能
  • 切り落とし後の耳屑を巻取収納、廃棄が簡単
  • 用紙スタッカー形状の異なる2機種を用意
  • <タイプD>テーブル昇降式
  • <タイプC>コンベア式
  • 多彩なオプション
  • 低価格ながらワイドな用紙スペックに対応
  • 用紙スタッカーは簡易なドロッピング方式(未使用時は取り外し可)
  • 機能を限定した低価格機
  • 小型・軽量で卓上に設置が可能
  • 左右耳落し機構を標準装備
最大処理速度

126m/分

121m/分

78m/分

31m/分

メモリー機能

117チャンネル

117チャンネル

100チャンネル

×

カラー液晶タッチパネル

×

×

重量

200kg

タイプD:100kg
タイプC:90kg

75kg

26kg

定価

255万円

タイプD:185万円
タイプC:168万円

98万円

29万8千円

オプション
  • インタースタッカー
  • 中間スリッター
  • インタースタッカー
  • 中間スリッター
  • セパレーションスタッカー
  • トリムチョッパー
  • プリンター連動
  • 放電式静電気除去装置
  • インタースタッカー
  • 中間スリッター

<オプションについて>

  • インタースタッカー
    同一ページに横2面付け印字された用紙の中間をスリットし、重ね合わせディタッチャーに送り込む別置きの装置。重ね合わせた2枚を同時に断裁する事で処理効率が2倍になる。
  • 中間スリッター
    同一ページに横2面付け印字された用紙の中間をスリットする。断裁された2枚は並列にスタッキング(集積)される。2枚を同時に断裁する事でディタッチ効率が2倍になる。
  • セパレーションスタッカー
    複数パーツから成る用紙を引き剥がして分離、一方を断裁し集積。もう一方は断裁せず折り畳んで集積する機能。
  • トリムチョッパー
    媒体左右のマージナル(紙送り孔)を切り落とし後、細かくカットする機能。ダストボックスの収納効率が5倍程度アップする。
  • プリンター連動
    機体をプリンターの下流側に設置し、プリンターから出力された用紙を切らずにセットする事で、プリンターの繰り出しに同期して用紙を処理する機能。
  • 放電式静電気除去装置
    用紙の静電気を中和する機能。プリント直後など静電気の帯電が多い場合に、断裁後の用紙暴れが緩和される。

以上

※「Potencia」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

印刷用PDF(236KB)

トッパン・フォームズ株式会社 社長室広報部

本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>