ニュースリリース

暗号化ファイル配信サービス「SecurePosting」を提供開始
閲覧期間や回数の制限によるセキュアなファイル運用が可能に

2014年10月28日

情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は暗号化されたPDFや画像などのファイルに、閲覧期間や回数などの制限を設定して配信するサービス「SecurePosting/セキュアポスティング」の提供を12月1日から開始します。
現在、企業では個人情報を含むファイルをタブレットなどに配信し、社外で閲覧することがあり、配信ファイルの運用・管理は利用者に委ねられています。そのため、ファイルの他端末への転送や閲覧済みファイルの不要な所持などによる流出リスクが問題となっています。このような課題に対し「セキュアポスティング」では、さまざまな制限をかけることでセキュアなファイル運用・管理を行います。閲覧には専用アプリ(ビューアー)を使用し、各々のID、パスワードでログインします。ログイン時に端末IDをサーバーと連携し、認証。閲覧可能端末ならば、ファイルをダウンロードします。また、閲覧期限・回数などの設定をサーバーで管理し、設定した基準を超えるとファイルは端末から自動的に消去され、キャッシュも残りません。加えて、端末のGPS機能と連携することで、閲覧エリアの特定、限定が可能となり、エリア外での閲覧を制限します。
「セキュアポスティング」は、セキュリティーソフトウェア開発のサイエンスパーク株式会社(本社:神奈川県座間市入谷3-1649-2、代表取締役:小路 幸市郎)と共同開発したセキュアデータ生成ソフトおよび閲覧ソフト(ビュアー)を基にして、トッパンフォームズが開発したソフトウェアを利用しています。

サービスイメージ(販促資料を閲覧端末に配信する場合)

特長

  1. ファイルへの閲覧期間(回数)制限の設定
    設定した期間外(回数以上)での閲覧は不可、閲覧期間(回数)を過ぎたファイルは閲覧端末から自動的に削除
  2. 閲覧端末やユーザーの制限
    登録された端末・ユーザー以外では、ファイルの暗号化が解除できないため閲覧不可
    また、閲覧可能端末でのファイルの印刷も制限可能
  3. ファイルの一元管理による遠隔消去、一括での各種設定変更
    データをサーバーで一元管理するため、ダウンロード済みファイルの遠隔消去や一括での各種属性情報の設定変更が可能
  4. 端末側の操作ログ取得
    端末側の閲覧日時などをサーバー側で記録、運用管理データとして利用可能

今後の展開

トッパンフォームズでは、「セキュアポスティング」を、電子チラシなどの企業広告物を発注・管理できるWebサービス「STRAFLOW/ストラフロー」や、請求書やご利用明細をPDFで配信・閲覧できるサービス「WebBureau/ウェブビューロー」などの、ファイル作成を補助するデジタルメッセージングソリューション(DMS)と連携させます。これにより、金融機関などの渉外用の電子カタログ・チラシ、証券会社が発行する運用実績報告書などの小冊子、会員展開する企業の電子チケット・クーポン券や通販会社がユーザーへ送付する期間限定キャンペーン告知DMなどの制作、配信に活用していきます。
このため、スマートフォン、タブレットだけでなく、PC専用のWindows版アプリ(ビュアー)の開発、リリースを順次行う予定です。

以上

※DMSとは、ビジネスメール、ダイレクトメールなど、顧客が企業から受け取るあらゆる通知に対し、受け手に最適な電子形態で提供する受託ビジネスの総称です。

※「SecurePosting」は、トッパン・フォームズ株式会社にて、商標登録出願中です。

※「STRAFLOW/ストラフロー」、「WebBureau/ウェブビューロー」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

※その他記載された製品名等は、各社の登録商標あるいは商標です。

印刷用PDF(260KB)

トッパン・フォームズ株式会社 広報部

本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>