ニュースリリース

マーケティング支援機能を強化
東京、大阪に続き、LABOLIS kyushuを開設

2015年9月15日

情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、マーケティング支援機能の強化の一環として、このたび通信販売業界のお客さまが多い九州の地(福岡県)に「LABOLIS kyushu(ラボリス九州)」を開設しました。

現在、お客さまは生活者との密接なコミュニケーションの実現のため、従来のマーケティング手法だけでなく、科学的なアプローチを用いたマーケティング手法の導入を進めています。それに伴い、当社マーケティングソリューション「LABOLIS(ラボリス)」への引き合いも全国各地から増加しています。
そのため、トッパンフォームズでは「LABOLIS kyushu」を福岡に新設することで、より広範囲のお客さまに密接でスピーディーなマーケティング支援を行います。そして、独自のデータ分析や視線計測調査などの科学的なアプローチによる帳票やダイレクトメール(DM)といったコミュニケーションメディアの最適化をサポートします。
また今秋、東京にある「LABOLIS」と大阪にある「LABOLIS west(ラボリス ウエスト)」のリニューアルを行うことで、国内のマーケティング支援機能全体の底上げを行います。

LABOLIS kyushu
DMライブラリ、ウェアラブル・アイトラッカー

今後の展開

トッパンフォームズは、このたび開設した「LABOLIS kyushu」、今秋にリニューアルする「LABOLIS」、「LABOLIS west」の3拠点に留まらず、国内外への展開を促進します。そして、お客さまの帳票やDMといったコミュニケーションメディアの最適化を科学的なアプローチからサポートするマーケティング支援機能の強化を行います。
また、各拠点でデータの蓄積や調査・分析を行うことで、地域による特徴を顕在化させ、より効果的な個客コミュニケーションの実現につなげます。

「LABOLIS」について

「LABOLIS」では、お客さまの個客コミュニケーション上の企画課題に対して、アンケートによる生活者調査や、視線計測調査、顧客データ分析などの科学的なアプローチを用いたサービスにより、お客さまと共に最適な解決策の発見・企画を行います。
また、「LABOLIS」には、生活者の元に実際に届いた約4万点のダイレクトメール(DM)を所蔵する「DMライブラリ」を設けています。加えて、「LABOLIS west」と「LABOLIS kyushu」でも、近隣の生活者の元に届いたDMの収集・保管を始めており、地域ごとのDMの開封・閲読の傾向の調査・分析やデータベース化を行います。そして、お客さまと共にその地で届いたDMの現物を見ながらの、ダイレクトコミュニケーションによる課題解決を提案していきます。
■「LABOLIS」について詳しくはこちらをご覧ください。
URL:http://labolis.toppan-f.co.jp/

以上

※「LABOLIS」、「DMライブラリ」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

印刷用PDF(252KB)

トッパン・フォームズ株式会社 広報部

本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>