ニュースリリース

RFID利用で空港における除菌情報を共有、3密も回避
国際線運用再開に向け、中部国際空港での実証実験に参加

2020年10月9日

 デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、NPO法人 空港に於けるRFID技術普及促進連絡会(以下、ARTA)が、新型コロナウイルス感染症への感染防止を目的に中部国際空港(愛知県常滑市)で10月14日から11月6日まで実施する「空港に於けるUVC(紫外線)除菌実用化検討・先導実証試験プロジェクト」に参加します。
 本実証実験ではQRコード付きRFIDタグを手荷物運搬カートに貼付し、カートが利用後に回収・除菌された時刻を記録します。利用者はスマートフォンなどでQRコードを読み込むことにより、カートが除菌済みであることを事前に確認できます。また、到着した預託手荷物に対しても除菌を実施、手荷物の位置情報をRFIDタグで管理し、受け取り場所で利用者が3密状態になることを回避する仕組みも検証します。トッパンフォームズはQRコード付きRFIDタグを提供。本実証実験参加者と協力して安全・安心の情報発信を実現し、国際線路線需要の早期回復を目指します。

除菌カート運用の情報見える化システム(ARTA資料より)

背景

 世界に広がったコロナ禍により航空便の需要が減少。特に国際線施設は運用再開に多くの障壁が存在し、入念に感染防止対策を施す必要があります。空港施設には不特定の旅客が使用する手荷物運搬カートやトレーが存在しており、海外では消毒対応や紫外線除菌が実施されている例もありますが、旅客が除菌情報を確認する手段はありませんでした。また到着手荷物の返却場所においては多数の旅客が返却カルーセル(回転式コンベヤー)に集まることから3密状況を作り出す懸念があります。

今後の展開

 トッパンフォームズはRFIDをIoT時代のキーデバイスと位置づけ、製造から物流、販売に至るサプライチェーンマネジメント、トレーサビリティーなどさまざまな業種・用途に採用されてきました。今回の実証実験の成果を活かし、RFIDのトータルソリューションプロバイダーとして新型コロナウイルス感染症の防疫に役立てるよう、研究・開発を進めてまいります。

以上

※「デジタルハイブリッド」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

印刷用PDF(836KB)

トッパン・フォームズ株式会社

総務本部広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<代表>