ニュースリリース

重量計測による在庫の自動発注システムを開発
イオンクレジットサービス様に採用

2022年1月20日

 デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、お客様の印刷物やオフィス用品などの在庫を、重量計測を利用して自動で管理・発注するシステムを開発し、イオンクレジットサービス株式会社様(東京都千代田区、代表取締役社長 齋藤 達也、以下イオンクレジットサービス様)にご採用いただいたことを発表します。トッパンフォームズが展開する購買管理Webシステム「オータスカリPro」は発注から納品までの情報を一元管理するシステムとして開発され、イオンクレジットサービス様をはじめ多くのお客様にご採用いただいています。今回、株式会社スマートショッピング(東京都品川区、代表取締役 志賀 隆之/林 英俊)が展開する在庫管理IoTサービス「スマートマットクラウド」と「オータスカリPro」とのデータ連携システムを開発し、「自動発注システム」を実現しました。スマートマットクラウドは、リアルタイムで重量を計測し、クラウド上に情報を蓄積して在庫・消費データを可視化するクラウドサービスで、さまざまな品目の在庫管理を対象に、1,100件超(2021年12月末時点)の導入実績があります。

「オータスカリPro」自動発注の流れ
「オータスカリPro」自動発注の流れ

背景

 2,979万名超 (2021年8月末時点) のクレジットカード会員を有するイオンクレジットサービス様では、カードごとに異なる印刷物を同封するため大量の部材を各取引先毎に管理する必要があり、必然的に納品依頼の対応も大量でした。今回、スマートマットの導入で棚卸し作業を軽減し、可視化された在庫量のデータ量を基に「オータスカリPro」との連携システムを開発・納入しました。これにより、管理部材の重量が基準値を下回ると発注情報が登録され、通知が届くため担当者の業務は承認(部材ごとに発注量を登録)だけです。これまで在庫管理、納品依頼、集計・棚卸し、最適閾値(いきち)設定にかかっていた業務時間を年900時間以上軽減することに成功。在庫状況もリアルタイムで把握できるため、省人化も実現でき、大幅な業務効率化につながりました。

特長

  1. 発注もれや過剰発注などミスも減少
  2. さまざまな資材(オフィス用品、印刷物、当社扱い外商品など)の管理に適用、在庫増減をグラフ表示で可視化
  3. 人的作業が常態化している在庫管理(棚卸し業務)、購買業務を自動化し、業務を平準化

料金

オータスカリProは管理資材の種類・拠点数に関わらず1社あたり7,500円の月額定額課金制
スマートマットクラウドはレンタルプランで初年度49万5千円から(買い取りプランもあり)

今後の展開

 トッパンフォームズは、製造業、物流業、流通業などを中心に「自動発注システム」を拡販し、機器やシステムを含め今後3年間で3億円の売り上げを目指します。

以上

※「デジタルハイブリッド」「オータスカリPro」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

※その他記載された製品名などは各社の登録商標あるいは商標です。

印刷用PDF(634KB)

トッパン・フォームズ株式会社

経営企画本部広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<代表>

※ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なく変更されることがあります。