医療・医薬分野において
GDPに対応する
適切な温度管理を実現

2018年12月厚生労働省より、医薬品の流通過程における国際品質管理基準GDPガイドラインが通達されて以来、医薬品の輸送・保管に関わる製薬メーカー、医薬卸、倉庫、運輸などの企業が、その対応に迫られています。
トッパンフォームズの温度管理プラットフォーム「オントレイシス クラウド」は、輸送物・保管物の温度情報と位置情報を自動取得し、クラウド上でのデータの一元管理を可能にしました。
医療・医薬分野において適切な温度管理を実現し、医療品の輸送・保管時の品質向上に貢献します。

case of GDP オントレイシス クラウド概念図

医薬品輸送・管理において
こんなお悩みはありませんか?

医薬品の輸送時、GDPガイドラインへの対応が求められ、荷主さまやお届け先さまへ、輸送過程の温度状態の報告が必須となることが増えてきました。その対応方法に困っていました。

医薬卸
製薬メーカー
運輸会社
3PL

トッパンフォームズの「温度管理サービス」が
温度管理の悩みを解決!

リアルタイムに温度把握
出荷から納品までの間の医薬品の温度をロガーで自動計測し、異常が出た場合はドライバーにアラートで知らせてくれます。クラウドを介して本社でもリアルタイムに管理できています。
また、再生医療向けに液体窒素輸送容器や-150℃以下の計測が可能な温度ロガーもあり重宝しています。

当病院は医薬品の冷蔵庫の数も多く、その記録に人手と時間がかかっていました。また、手書きのため抜けや漏れも多々ありました。医薬品の廃棄ロスにもつながる重要な課題だったので、なんとかしなくては、と思っていましたが、導入コストがネックになっていました。

病院
調剤薬局

トッパンフォームズの「温度管理サービス」が
温度管理の悩みを解決!

低コスト
まず、導入コストとランニングコストが非常に安かったのが魅力でした。既存の医薬品冷蔵庫に温度ロガーを置くだけで自動で計測してくれます。また、すべての冷蔵庫の温度の状況をクラウド経由で一元管理できるので、人手に頼ることもミスもなくなり、人的コストの面でも大いに貢献してくれています。

出荷するまで保管する倉庫内の温度分布(ムラ)が、いつも気になっていました。また、棚の配置や空調機の吹き出し口との距離により、温度差があることは知っていました。先日、外資製薬メーカーの査察の際に温度マッピングの指摘があり困っていました。倉庫の大きさを考えると、新たな温度管理のシステムを導入すると、かなり高コストになると考えていました。

医薬卸
製薬メーカー
3PL
倉庫会社

トッパンフォームズの「温度管理サービス」が
温度管理の悩みを解決!

メガファーマの査察にも対応
製品が実際に保管されている棚やエリアのみマッピングの提案をいただき、低コストで安心できる温度マッピングとモニタリングのシステムが導入できました。
導入事例 /
我が社の取り組み