食品スーパー、
外食チェーン、
ホテルチェーンなどで必須
食品安全を保つための
HACCPに沿った
温度管理が可能

2020年6月に施行された改正食品衛生法において、原則としてすべての食品等事業者に、国際的に推奨される食品衛生管理手法であるHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが義務化されました。
トッパンフォームズの温度管理プラットフォーム「オントレイシス クラウド」は、輸送物・保管物の温度情報と位置情報を自動取得し、クラウド上でデータの一元管理を可能にしました。
食品・流通分野において適切な温度管理を実現し、食品の輸送・保管時の品質向上に貢献します。

case of HACCP オントレイシス クラウド概念図

食品の流通・輸送・管理において、
こんなお悩みはありませんか?

当店は売り場面積が大きいため、温度の計測に人手と時間がかかっていました。また、手書きのため抜けや漏れも多々ありました。早急になんとかしなくては、と思っていましたが、導入コストの面がネックになっていました。

食品スーパー
外食チェーン
ホテルチェーン
介護施設

トッパンフォームズの「温度管理サービス」が
温度管理の悩みを解決!

低コスト
まず、導入コストとランニングコストが非常に安かったのが魅力でした。冷蔵ショーケースに温度ロガーを設置するだけで自動で温度を計測してくれます。また、すべての冷蔵ショーケースの温度の状況をクラウド経由で一元管理できるので、人手に頼ることもミスもなくなり、人的コストの面でも大いに貢献してくれています。

セントラルキッチンで調理した総菜などを輸送する業務が主なのですが、HACCPへの対応が求められ、各店舗までの輸送過程の温度状態の記録が必須となり、その対応方法に困っていました。

食品スーパー
運輸会社
外食チェーン
ホテルチェーン
食品卸

トッパンフォームズの「温度管理サービス」が
温度管理の悩みを解決!

リアルタイムに温度把握
セントラルキッチンから店舗までの輸送中の温度をロガーが自動で計測し、異常が出た場合はドライバーにアラートで知らせてくれます。クラウドを介して本社でもリアルタイムに管理できています。
導入事例 /
我が社の取り組み