人材育成

基本的な考え方

トッパンフォームズは、情報を核にした事業領域の拡大とさらなるグローバル市場の開拓のため、変化に対応する力のある組織と人材づくりにより、価値創造型企業への変革を図っています。
この取り組みの推進にあたり、人材育成方針を「一人ひとりが自らのキャリアを創り、成長し続ける」と定め、キャリア自律と学び続ける姿勢の醸成を行っています。また、「ダイバーシティ&インテグレーション」を経営戦略の柱の一つに位置づけ、一人ひとりの多様性を集積し、相乗効果によって成果の最大化を図り、社会に評価される企業として持続的な成長を目指します。具体的には、女性・外国人・障がい者の積極的採用とキャリア開発、高齢者の活躍推進などに取り組んでいます。さらに、「ワーク・ライフ・バランス」を積極的に推進することで、働きがいに満ちた環境づくりを実践しています。

人材育成方針

一人ひとりが自らのキャリアを創り、成長し続ける

人材育成体系

人材育成体系図

トッパンフォームズで活躍するために必要な学びを、「基盤能力開発」と「専門知識・スキル開発」の2段階とし、社会人の基盤能力を土台として、目標・役割・職種別のスキル開発ができる人材育成体系を構築しています。
「基盤能力開発」は職種問わず、社会人の基礎となる能力で、必須研修によって計画的に開発・育成していきます。
「専門知識・スキル開発」は、職種・役割に応じて必要な能力で、人材としての付加価値の源泉です。選択研修等で、一人ひとりに合わせたプログラムで多様なスキルを開発していきます。

主な研修メニュー

主な研修メニュー

デジタル人材の育成

デジタルハイブリッドの推進にあたり、BF、データ・プリント・サービス(DPS)で培った「伝わる・伝える技術」に加えてDXへの理解が必要になります。全従業員のデジタルケイパビリティの水準引き上げとデジタル商材の企画・開発・販売力の強化を目的としたデジタル人材育成を推進しています。
例えば、ソフトウェア開発を含むソリューション案件の増加に伴い、多くの技術者の力を結集してプロジェクトを円滑に進め、より高い付加価値を生み出すためにプロジェクトマネジメントの重要性が高まっています。中堅の営業職・SE職を対象に、基本知識と実践スキルを身に付けることを目的としたプロジェクトマネジメント研修を実施しています。また、国際資格であるPMP(Project Management Professional)を取得奨励推進資格とすることで、プロジェクトマネージャーの育成に注力しています。