特集 SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

トッパンフォームズグループは、その強みを活かした「事業活動」と「企業基盤」における重要課題を特定し、2030年のSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の確実な実現に向けて取り組んでいます。
特に「情報」に関連する知見や技術、ノウハウを活かすことで、情報化社会におけるインフラの一端を担う企業としての貢献を目指しています。

トッパンフォームズグループが社会課題を解決するために貢献する主なSDGsの目標

本業を活かした社会課題の解決

ビジネスの現場はもとより、人と人のコミュニケーションは、言葉をはじめとした「情報」のやりとりがあってこそ成立します。
トッパンフォームズはこれまで、そうした「情報」を伝達するさまざまな手段を生み出し、「情報」を核とした事業を展開することで成長してきました。得意とするのは「確実に、伝わるように情報を届けること」で、これまで帳票をはじめとする製品やデジタル系のサービスなど、多彩な情報伝達手段を生み出してきました。
盤石な情報セキュリティ体制のもとで行うアウトソーシングビジネス、最新技術を活用した得意先の生産性向上に寄与するソリューション、生活者に寄り添い、その利便性向上を生み出すプラットフォームビジネスなど、事業活動を通じて社会課題の解決に取り組んでいきます。

安全・安心なデジタル社会の実現

企業と生活者との橋渡し役として、デジタル技術の活用と盤石なセキュリティ体制を基軸とし、
利便性を高めるプラットフォームやデジタル格差解消に役立つソリューションを提供します。

安全・安心なデジタル社会の実現

情報を伝えるツールは、社会の変革に伴い、言葉や印刷物だけでなく、音声や画像、さらには動画などさまざまなデジタルデータまで広がりました。こうした変革とともに顕在化してきた多くの課題や弱点を克服し、「必要な人に確実に情報を届ける」ことが、トッパンフォームズグループの重要な役割だと考えています。紙・デジタル双方の利点を活かし、一人ひとりに確実に重要な情報を届けることで、デジタル社会が進んでも誰も取り残さない、デジタル格差解消に寄与できると考えています。
そして社会に深く浸透しているツールを活用することで、デジタルをより身近にし、生活者の暮らしの利便性向上を実現するプラットフォームなど、新たなビジネス創出にも取り組んでいます。

事例【共通手続きプラットフォーム AIRPOST】

ヘルスケア・医療分野での課題解決

センシングなど自社技術を活かし、該当分野の課題解決に資するサービスの創出、既存ソリューションの拡大を推進します。

ヘルスケア・医療分野での課題解決

現在、医療現場では、人手不足や医療過誤の防止、医薬品・医療関連部品の厳格な管理など、さまざまな課題を抱えています。トッパンフォームズグループは医療現場の安全性確保や負担軽減に役立つよう、RFIDを活用した病院内での投薬や人・薬剤の動態管理、医療材料の管理システムなど、用途に応じたシステム構築やソリューション開発・提供を行ってきました。
RFIDで培った技術を活かし、温度ロガーと高機能保冷剤を組み合わせた温度管理サービス(GDP対応)、ウェアラブルデバイスを活用したヘルスケアIoTサービス「わたしの温度」(2020年度事業化)など、自社開発の技術を活用したサービスを世に送り出しました。今後も自社開発技術を活用し、医療やヘルスケア領域での課題解決に向けて、ソリューションの開発を進めていきます。

※RFID(Radio Frequency Identification):近距離無線通信を利用した自動認識技術

※GDP(Good Distribution Practice):薬品の適正流通基準

事例【医療・医薬向けRFIDソリューション】

  • 医療現場の最前線で働く人々は、効率化や医療過誤を防止する努力を重ねながら、日々、安全・安心な環境の構築を目指しています。そうした環境を改善するために、病院向けの薬剤管理や動態管理(人、モノ)、検品業務の効率化、医療機器メーカー向けの入出荷管理といった医療従事者の負担軽減につながるソリューションを市場に投入してきました。RFIDをキーデバイスとしたこの分野での新たなソリューションの創出に、今後も取り組んでいきます。

    トッパンフォームズの重要課題と関連するSDGsの詳細はこちら

    「医療・医薬向けRFIDソリューション」の概要はこちら

  • <主に関連するSDGs>

持続的な成長につなげる企業活動

トッパンフォームズグループは事業を支える活動においても、SDGsへの貢献に取り組んでいます。
「情報」を取り扱う企業として必須である情報セキュリティ・サイバーセキュリティ体制の強化、情報化社会におけるインフラの一端を担う企業として重要な事業継続計画の実効性向上、そして社会の一員であることはもちろん、モノやサービスを創り提供する企業であることから、脱炭素や廃棄物の削減といった環境保全にも取り組んでいます。
そして従業員に対する健康と安全の確保、一人ひとりの柔軟な働き方実現を目指すダイバーシティ経営の推進や、地域社会との協働など、企業市民としての役割を全うするとともに、社会や会社の持続的な成長につなげる施策を実行していきます。

多様な人材が活躍する土壌づくり

多様な働き方を受容し成果の最大化を図ることで、誰もが働きがいを持ち活躍できる職場環境づくりを目指します。

多様な人材が活躍する土壌づくり

組織の活性化やイノベーションの促進など、企業の成長や活力の源泉として、一人ひとりの柔軟な働き方の実現を目指す「ダイバーシティ経営」の重要性がますます高まっています。
トッパンフォームズのダイバーシティ推進のスタートは2007年に遡ります。「そもそも女性活躍の場が限られている」との問題意識から、当時「ES(従業員満足)推進」の一環として女性活躍推進の取り組みに着手しました。その後、2011年に総務本部のトップ(現社長)自ら経営層の意思統一を図り、「ダイバーシティ&インクルージョン」を経営課題の柱の一つと明確に位置づけ、女性の管理職を増やすことを目標に、女性管理職層育成研修を開始しました。得意先からの多様なニーズに対して柔軟な発想・新しいアイデアが求められていたことから、女性をはじめとした多様な人材の活用が企業経営において重要になると考えたからです。
現在はさらに深化させ「ダイバーシティ&インテグレーション」を経営戦略の柱の一つに位置付け、一人ひとりが持つ多様性を集積し、相乗効果によって成果の最大化を図り、社会に評価される企業として持続的な成長を目指しています。

【多様な働き方の推進】

  • 私たちは、女性の活躍推進や男性のワーク・ライフ・バランス、テレワークの推進、障がい者の活躍促進など、多種多様な人材が働きがいをもって仕事に取り組むことができる環境整備に努めてきました。特に女性活躍推進にはいち早く取り組み、育児休業制度の拡充、女性管理職比率の向上など数々の施策を講じており、その活動は「なでしこ銘柄」に7回選定されるなど、社会から高い評価をいただいてきました。同時に進めてきた男性のワーク・ライフ・バランス推進においても、2020年度に育児休業取得率100%を達成。職場のノーマライゼーション推進など、さまざまな取り組みを推進していきます。

    トッパンフォームズの重要課題と関連するSDGsの詳細はこちら

    「ダイバーシティ&インテグレーション」の報告はこちら

  • <主に関連するSDGs>