ニュースリリース

新旧Word文書比較ソフト「SabunTrail/サブントレイル」を発売

2014年11月6日

情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、Word文書の新旧比較ツール「SabunTrail/サブントレイル」のパッケージソフトを11月28日より販売開始します。
「サブントレイル」は、新旧2つのWord文書ファイルを指定するだけで、比較結果を並べて表示した新旧比較表を作成します。文章が変更、追加、削除された箇所はソフトが自動検知し、文字色を変更して表示することによって、変更箇所を一目で把握可能にします。そのため、旧文書と新文書を印刷して、比較する従来の方法より作業の効率、正確さが格段に向上します。

新旧比較表の差分表示(例)

背景

金融機関や製薬・製造業界などのさまざまな企業や自治体、官公庁などでは、規程集や重要文書を作成・更新する場合に、文書の新旧比較表の提出を求められることがあります。しかし、新旧比較表の作成は、ページ数や文章量が多い文書の中から、変更箇所のみを適切に表示しなければならないため、大きな作業負担となっていました。そのため、多くの企業は新旧比較ツールの導入を進めていますが、導入コストが高いなどの理由から広く浸透していないのが現状です。
「サブントレイル」は、1ライセンス19,800円(1ユーザー)と安価での導入が可能な上、新旧文書の差分比較から新旧比較表の作成までを一連の流れで行うことができるため、低コストで業務負荷の大幅な削減を行うことが可能です。

サブントレイルの特長

  1. 新旧文書の比較結果表示機能
    全文書表示、変更箇所のみの表示を選択可能。また、比較結果の表示を左右入れ替えることが可能。
  2. 変更箇所の認識補助機能
    変更箇所を文書内で使用されている色以外で表示することや、変更箇所に追加や削除などの注記を付けて表示することにより、従来の文章と変更する文章の間違いを防止。
  3. 出力フォーマットサイズ変更機能
    比較文書とは異なるサイズでの出力サイズ指定が可能。
    例)A4サイズの文書を比較し、A3サイズで表示など

ご利用環境

OS

Windows7(64Bit, 32Bit), Windows8(64Bit, 32Bit)

CPU

1GHz以上のx86プロセッサー、またはx64プロセッサー

メモリー

32Bit : 1GBのRAM, 64Bit : 2GBのRAM

HDD

3.0GBの空き容量

Microsoft Office Word

2007, 2010, 2013(doc, docxファイルに対応)

Microsoft .NET Framework

4.0

販売について

「サブントレイル」は、トッパンフォームズが運営するECサイト「オータスカリ」、「タスカリマックス」で販売します。定価は1ライセンス1ユーザーで19,800円です。
また、14日間ご利用可能な「サブントレイル」の無償体験版を11月28日より提供します。無償体験版は、「TOPPAN FORMS デジタルソリューション」サイトより、インターネット経由でダウンロードしてご利用いただけます。

以上

※「SabunTrail/サブントレイル」は、トッパン・フォームズ株式会社にて、商標登録出願中です。

※「オータスカリ」「タスカリマックス」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

※その他記載された製品名等は、各社の登録商標あるいは商標です。

印刷用PDF(248KB)

トッパン・フォームズ株式会社 社長室広報部

本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<ダイヤルイン>