ステークホルダーの皆さまへ

安全・安心で快適な社会の実現を目指し、
独自のソリューションに磨きをかけていきます

代表取締役社長 坂田 甲一

今日、早急な対応が必要とされるさまざまな社会課題が顕在化し、その解決に向けた新たなアプローチが求められています。また、未知の感染症や大規模災害など、予期することが難しい「自然の驚異」に対しても適切な対策をもって即応できる体制を整えることが、社会の持続的な成長を実現するうえで欠くことのできないものとなっていることは言うまでもありません。
また、日本政府が「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と宣言したカーボンニュートラルや、限られた資源を有効活用しながらサービス化を通じて付加価値を生み出すサーキュラーエコノミーなどの「グリーン」についても、その一助となるよう、自社グループで具体的な目標値を設定し、その達成に向けてネットワークを最大限に活かし、社会に変革を及ぼすようなソリューションの創出に取り組んでまいります。

世界的なサステナビリティの基準であるSDGs(持続可能な開発目標)を意識した事業運営も重要なテーマの一つです。SDGsの達成は、当社が創業以来掲げてきた社会益、会社益、個人益を「一つの如く」扱うという経営信条「三益一如」、そして目指す姿として設定している「グッドカンパニー」を実現した状態であるともいえます。トッパンフォームズではグループ企業を含め事業部門と検討を重ね、重点的に取り組む6つの目標を特定しました。SDGsの視点で重点課題を改めて整理し直し、取り組みをより詳細に見える化することで、私たちが目指す方向も鮮明となってきました。事業活動や当社の製品・サービスが社会に与える影響を常に意識し、実効性のある計画のもと、誠実かつダイナミックに行動していきます。

当社グループは創業以来半世紀以上にわたり、経営信条「三益一如」の下、社会の情報伝達の一端を担う会社として、事業を展開してきました。非対面・非接触型のビジネスモデルへの転換や、デジタルトランスフォーメーション(DX)の社会実装の進展などにより、トッパンフォームズグループの事業領域も大きな転換期を迎えています。
不確実性が極まる現代において、とりわけ社会課題解決を起点とした新事業の創出を志向する当社グループにとって、ビジネスのさらなるダイナミズムを生み出す機会は、よりいっそう拡がりを見せていると確信しています。
この機を捉え、社員一人ひとりがもつ多様な「こころざし」を結集し、デジタル分野の取り組みを強化するとともに紙とデジタルを掛け合わせた独自のソリューションをさらに磨いていくことで、すべての生活者が適切な情報やサービスを安全・安心に、そして快適に享受できる社会の実現を目指してまいります。

代表取締役社長

坂田 甲一