ニュースリリース

中部エリアの工場・物流センターを再編し、「名古屋センター」を新設
プリント関連業務アウトソーシングの受託体制を強化

2020年6月15日

 デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、中部エリアにおけるデータ・プリント・サービス(DPS)やプリント関連業務の一括アウトソーシングの受託体制強化を目的に、グループ会社であるトッパン・フォームズ東海株式会社(本社:静岡県袋井市、代表取締役社長:鈴木 進)の名古屋工場(愛知県清須市)とトッパン・フォームズ・サービス株式会社(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:栗原 潔)の中部流通センター(愛知県清須市)を移転・再編し、都市近郊型アウトソーシングセンターとして愛知県愛西市に「名古屋センター」(以下本センター)を新設します。本センターは本日6月15日に名古屋工場・中部流通センターからの移転準備を開始し、10月から部分稼働、2021年1月から本格稼働する予定です。

袋井工場外観
名古屋センター外観

 中部エリアでは、お客さまの保有設備の更新や労働力不足を背景に、プリント関連業務をすべて外部に委託する一括アウトソーシングへのニーズが高まっています。このニーズに対応するため、本センターでDPS業務や一括アウトソーシング業務に対応可能な生産体制を構築し、さらに大規模案件にも対応できるスペースの確保やセキュリティ設備の増強(全方位カメラ監視、非接触ICカード・生体認証を用いた入退場管理、エリア毎の入室制限など)を行うことで受託体制を強化します。
 また、今回の移転で本センターに併設する中部流通センターでは、2019年10月に新設した袋井工場・袋井物流センター(静岡県袋井市)との連携による生産効率・物流効率の向上、在庫管理の最適化などを図ることができます。
 トッパンフォームズグループは持続的な成長を実現していくために、グループ全体の経営資源の有効活用や経営の効率化を進め、経営基盤のさらなる強化と企業価値の向上を推進してまいります。

新センターの概要

拠点名
トッパン・フォームズ株式会社 トッパン・フォームズ東海株式会社 名古屋センター
トッパン・フォームズ株式会社 トッパン・フォームズ・サービス株式会社 中部流通センター
所在地
愛知県愛西市南河田町
敷地面積
10,068㎡
延床面積
13,828㎡
稼働開始予定
2020年10月

以上

※「デジタルハイブリッド」、「DPS」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。

参考情報

■トッパン・フォームズ東海株式会社について
会社名
トッパン・フォームズ東海株式会社
本社所在地
静岡県袋井市豊沢2228番地の1
設立
1977年1月
代表者
代表取締役社長 鈴木 進
事業内容
ビジネスフォーム製造、データ・プリント・サービス、カード製造・発行受託、ICタグ・ICラベル製造
■トッパン・フォームズ・サービス株式会社について
会社名
トッパン・フォームズ・サービス株式会社
本社所在地
埼玉県所沢市南永井627番地の4
設立
1998年10月
代表者
代表取締役社長 栗原 潔
事業内容
保管・荷役事業、物流加工事業、輸送事業、サービス事業

印刷用PDF(777KB)

トッパン・フォームズ株式会社

総務本部広報部
本社:東京都港区東新橋1-7-3
TEL:03(6253)5730<代表>